「通勤60分以内」が子育て夫婦の人生を変える

子育て世帯が通勤1時間圏内に住むことは、もはや贅沢なライフスタイルではありません(写真: TSUYOSHI / PIXTA)

いまや年金生活者となった団塊世代のロールモデルとして、首都圏にあるオフィスから1時間以上離れたベッドタウンにマイホームを買う、というものがありました。

今どきの子育て世帯のロールモデルは、これと明らかに異なると思います。それは「職住近接」です。共働きをしながら子育てすることを考えたとき、自宅を出て1時間かからずに職場に着く場所に住むことをお勧めします。

ファイナンシャルプランナーとして、そして実際に保育園に2人の子どもを通園させている共働き世帯として、子育て夫婦が職住近接を目指すべき理由をご説明したいと思います。

団塊世代が郊外に住めたのは、「専業主婦」がいたから

子育て世帯が職住近接を選んだほうがよい理由は実に単純です。そのほうが、育児が楽になるからです。

かつての団塊世代では、「女性は専業主婦となり家事や育児に専念する」という家庭内役割分担システムを採用していたため、男性は仕事にだけ専念すればよい環境にありました。

もっとも、これはベッドタウンと首都圏にあるオフィスとの物理的距離の遠さゆえに避けられない分業体制だったともいえます。仮に、男性の勤務する会社が9時出社、定時が18時で、片道90分の通勤時間がかかるとすれば、育児に関与することはほぼ不可能です。朝は子どもが起きた頃に出社することになり、保育園に送ることもできません。残業をまったくせずに帰ることができたとしても、家に着くのは19時半。子どものお迎えは不可能ですし、場合によっては寝入ってしまう頃かもしれません。

しかし、オフィスと自宅との距離を縮めるだけで、この問題を解決することができます。事実、筆者は新宿区内に在住(賃貸)し、2人の子どもを保育園に通わせていますが、朝の登園をほぼ毎日担当し、帰りのお迎えも2~3割くらい担当することができています。

筆者が保育園に子どもを連れていくときに気づくのは、男性の参加率の高さです。正確にカウントしたわけではありませんが、見たところ3割以上が出勤前の男性です。彼らの職場が23区内だと仮定すれば、8時半に登園させて9時出社も不可能ではありません。フレックスタイムがあって9時半出社が可能なら、もっと余裕をもって送ることも可能でしょう。

夕方も同様です。子どもと一緒に食卓を囲み、風呂に入ることは、小さな子を持つ親の楽しみのひとつですが、これも早く家に帰れてこそできることです。残業を少ししたとしても、通勤時間そのものが短ければ、食事の時間に間に合う可能性が高まるわけです。

働く女性にとっても、大きなメリットがあります。子育て中の夫婦が共に働き続ける、特に共に正社員として働き続けようとすると、多くの場合、女性に負担がかかるものですが、それを軽減できるからです。

日々のお迎えで、定時退社して6時過ぎに園に到着しようとすれば、職場との距離を1時間以内にする必要があります。また、急な発熱や病気の対応で、会社から駆け付ける時間を短縮するのも、職住近接しかありません。さらには、食事作りから、食べさせて風呂に入れ寝かしつけまでの怒濤の数時間を母親がひとりでやり繰りするのはかなり大変。父親もそれまでに帰宅することができれば、負担はぐっと減ります。

また、災害時のリスクヘッジとしても職住近接は機能します。筆者の友人夫婦では母親側の転職活動時のキーワードに「震災時に歩いて子どもをお迎えに行けるか」を挙げていました。家に帰るまで電車で90分かかるとすれば、徒歩帰宅で少なくとも6時間ほどかかるでしょう。もしものとき、当日中にお迎えが可能になる点もまた、職住近接のメリットだと思います。