グチばかり言う人がみずから招いている不幸

「そんなネガティブ思考で何が得られるの?」と聞きたくなる人、周りにいませんか?(写真:xiangtao / PIXTA)

ネガティブな考えがストレスの悪循環になる

超ストレス社会ともいわれる現代。日々の仕事や生活に息苦しさを感じている人は少なくありません。そんな人はどうすれば心を健全に保てるでしょうか。

私はスウェーデン、カルマル市に生まれ、自分で興した会社でずっと働いてきました。昔からずっと、いわゆるリーダー、起業家タイプでしたが、社交性や愛想のよさを隠れみのに、実は不安症を長年抱えていました。その心の病を妻であるスーサン・ビルマークと共に夫婦で抜け出しました。

共著である『北欧スウェーデン式 自分を大切にする生き方』にも詳しくまとめてありますが、ストレスや不安を断つためにできる最も重要なことが、今この瞬間をもっと意識して、ポジティブな話し方をすることです。ネガティブに考えていると、ストレスや不安の悪循環に突入します。自分を批判したり責めたりするのは簡単だからです。

意識するしないにかかわらず、脳はつねに物事を考えています。そうした考えが気分や感情に絶えず影響を及ぼします。心配ごとやストレスを抱えてしまうたいていの原因は、ネガティブで不健全な考えです。

家族や家庭環境は考え方に大きな影響を与えます。「両親がしょっちゅう言い争っていた、家族が文句を言い、人生に不満気だった」というような経験です。口論したり、不平不満を言ったり、ストレスをまき散らしたりする人たちに囲まれて育つと、自尊心や自信を培うのは困難です。

とはいえ、そんな環境で大人になってもそれを改善することは、100%可能です。自分のネガティブな思考パターンはなかなか認めづらいものです。でも、一度認めてしまえば、自分の態度を改めてポジティブに考えられるようになります。

ポジティブな考え方に改めると、期待以上のいろいろな効果があります。心配ばかりしている、自己破壊的な考えがある、すべて分析しないと気が済まない、自分の能力を疑問視している、自分の容姿に不満など、ネガティブ思考の95%は真実ではありません。でっち上げの空想にすぎないのです。

ポジティブで、人生を肯定し、力を与えてくれる考えこそが真実なのです。脳は空想と現実を区別できませんから、どの考えも現実だと認識してつねに反応しています。

したがって、考えている内容が自己破壊的あるいは自虐的なことばかりだと、深刻な問題につながる可能性があります。反対に、ポジティブな考えをうまく活用すれば、思考はとても役立つツールになります。

ネガティブ思考から得ているものは何か

ネガティブ思考には中毒性があります。ネガティブ思考が(短期的に)ちょっと役に立ったりすると、たちまち習慣化してしまいます。ネガティブでいることに意味があるからです。でなければ、ネガティブ思考をずっと続けるはずがありません。

ネガティブ思考のときは、意識が自分のネガティブな面に向いていますから、ネガティブな行動をとったり、周囲に対して愚痴を漏らすなどネガティブなことを言ったりします。すると、親切な人が話を聞いてくれたり、理解を示してくれたりすることがあります。何か問題があると、助けたり支えたりしようとしてくれる人の親切を利用するわけです。

ネガティブ思考は、やりたくないことから逃げる方便にもなります。家族が心配して、無理強いしないよう、本来は自分がやるべきことを手伝ってくれたり、頼まれていたことを減らしてくれたりします。こうして、面倒なことや単にやりたくないことをせずに済ますのです。

「ネガティブ思考から得ているものは何?」