ラノベ作家「本格鉄道ミステリ」に挑んだワケ

豊田巧氏の小説のゲラは編集者の指摘出しでいっぱい(筆者撮影)

オフィスの本棚には1巻の抜けもない時刻表、ダイヤグラム、機関車部品表、発動機取扱書……。右を見ても鉄道、左を見ても鉄道。鉄道ファンにとっては夢のように思えるこの部屋こそが、豊田巧の本格派鉄道ミステリシリーズ『警視庁鉄道捜査班』の舞台なのである。そこは「警視庁 捜査一課 特殊犯捜査第四係 警視庁鉄道捜査班」通称「テッパン(鉄班)」、鉄道内での特殊犯捜査を専門とする部署なのだ。

児童向け小説『電車で行こう!』そして、中・高生を中心としたライトノベル『RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊-』を上梓してきた豊田巧が挑戦した、初の本格派ミステリ『鉄血の警視 警視庁鉄道捜査班』、そして10月に発売された第2作となる『鉄路の牢獄 警視庁鉄道捜査班』のタイトルとなっているチームが、このテッパンである。

きっかけは「乗りテツ」旅行

豊田を『警視庁鉄道捜査班』という本格派ミステリの世界に導いてくれたのは、講談社文芸第三出版部の岡本淳史である。

自身も鉄道に造詣が深い岡本が、豊田に初めてアプローチしたのは、今の部署ではなく『小説現代』の編集者時代だったと言う。『電車で行こう!』を読み、そこに対象年齢を飛び越えて大人の鉄道DNAをもワクワクさせる力を見出した岡本は豊田と仕事がしてみたい、と強く願う。

しかし『小説現代』という媒体では、当時児童向け小説やライトノベルで活躍していた豊田に小説を発注するのは難しい。そこで岡本は考えた。「『小説現代』で鉄道特集を行う際に、豊田先生の取材旅行を、逆に取材させてもらうという企画なら成立するのではないか」。

はたして2015年に刊行された『小説現代』6月号でそれは実現された。その名も「鉄道小説家がゆく 北陸新幹線に乗らぬ旅」。当時、開業で盛り上がっていた北陸新幹線にあえて乗らず、第三セクター鉄道と名物私鉄で北陸を取材する「乗りテツ旅行」である。

旅行とはいえ、鉄道作家の取材だけに旅が始まった直後から終わるまで「いつ何時ここが『殺人』の舞台になるかわからない」「トリックに使える」、そんなことを考えながら、車両の中もAEDや公衆電話の位置、トイレの形状に至るまで確認し、路線ごとの特徴、見どころを発見していく豊田の様子は、本人いわく「鉄道公安隊の鑑識のよう」。その挙動はもし現代に鉄道公安隊が存在したら職質を受けるのではないかと心配になるほどだったという。

豊田巧氏(左)と編集者の岡本淳史氏(右)(筆者撮影)

そんな楽しい鉄道取材旅行を経て、意気投合した豊田と岡本が『警視庁鉄道捜査班』のためにタッグを組むことになったのは、岡本が講談社文芸第三出版部、講談社ノベルスを発行する部署に異動したときである。

喜び勇んだのは岡本だけではない。豊田も同じだ。西村京太郎先生に憧れて入った鉄道小説の世界である。初めての本格派鉄道ミステリを鉄道に詳しいプロフェッショナルな編集者と一緒に作れる。こんなにありがたいことはない。

しかし書き始めてみると、それまで書いていた児童小説やライトノベルとは全く違う難しさがあることを知った。『電車で行こう!』や『RAIL WARS!』執筆時には、豊田の目の前にアニメーションが流れるかのように登場人物が現れ事件が起こり、彼らが自らの力で解決してくれる、それを書き留めていけば物語になった。

豊田の売りはアニメを見ているようなスムーズな流れのストーリーにある。心くすぐられるエンターテインメント性、臨場感あふれるアクションに引き込まれて、いつのまにか事件の謎を解いていくという軽やかさ。これを鉄道ノベルスの世界に持ってきたら新風を起こすに違いない。