ラミレス監督「私が学んだ2人の指導者たち」

ラミレス監督の知られざる采配の裏側とは? (c)YDB 
現役時代、その実力とユニークなパフォーマンスで人気を博したアレックス・ラミレス氏。2016年に横浜DeNAベイスターズの監督に就任してからはパフォーマンスを封印し、チームを2年連続でAクラスに導くなど、指導者としての顔を際立たせています。
「日本の野球は変わってきている。そうした実感は監督になってからより強く抱くようになった」
自著『CHANGE![チェンジ!] 人とチームを強くする、ラミレス思考』の中では、日本の野球に対する分析が独特の視点で記されています。知将としての評価も高まるラミレス氏に、「理想の監督像」と自身の「采配」について語ってもらいました。

現役時代に「2人の監督」から学んだこと

いよいよ2018年のシーズンが始まります。私が率いる横浜DeNAベイスターズ(以下、ベイスターズ)は、万全の態勢で開幕を迎えたところです。

私が“助っ人外国人”として来日してからすでに18年。その間、私は片時も離れることなく第一線で日本の野球に触れてきました。

現役を退いてからも日本の野球とのかかわりは途切れず、2016年にベイスターズの監督に就任し、今年が3年目のシーズンです。

ベイスターズは1998年のリーグ優勝以降、順位の低迷に悩んできました。しかし、私が監督に就任して1年目となった2016年はクライマックスシリーズ(以下、CS)への出場を果たし、2017年はついに日本シリーズへ進出するなど、チーム力を高めています。

流れは明らかに変わってきており、ベイスターズはいま、リーグ優勝だけでなく、日本一達成に着実に近づいていると言っていいでしょう。今シーズンはまさにベイスターズがその実力を証明する年になるはずです。

18年前、東京ヤクルトスワローズ(以下、スワローズ)と契約して来日しましたが、そのときの監督は、若松勉さんでした。若松監督に知り合えたことが、結果的に、長きにわたって日本に在住するきっかけとなりました。

監督となったいま、若松さんから学んだことの1つに、「レギュラー指名した選手を信頼し、起用し続ける」という姿勢があります。

私がスランプに陥っても、若松監督は辛抱強く起用してくれました。そして私は、その気持ちに応えようと奮起したのです。監督と選手の間にはこうした信頼関係が欠かせません。その大切さを私は若松監督から学んだのです。

アレックス・ラミレス監督(c)YDB

選手としての学びもありました。メジャー時代からパワーで引っ張る打撃を得意としていた私に、若松監督は「日本の投手は思い切った内角攻めをしてこないから、センターから逆方向に打つことを意識してみるといいよ」とアドバイスしてくれました。

それを受け入れ、ライト方向へ打つようにしたことで、打者として新たな次元に到達することができたのです。まさに2000本安打を達成している大打者ならではのアドバイスであり、その後、日本で10年以上の現役生活を続けられたのも、若松監督率いるスワローズ時代があったからだと思っています。

スワローズから読売ジャイアンツに移籍すると、今度は原辰徳監督の下でプレーをしました。試合に勝つための戦略、点の取り方、チャンスのつくり方という点で、私はリーグ優勝7回、日本一3回の実績を誇る原監督から多くを学んでいます。

残念ながら私は現役時代の原さんを知りませんが、私が知る監督としての原さんは、とてもスマートな人でした。データを非常に重視する監督であり、若松監督同様、選手起用に関しては我慢強いところもありました。

私はこれら2人の監督から多大な影響を受けており、監督となったいま、選手の起用法や采配の仕方などでその影響の片鱗が出てくることがあります。