水商売を漫画にした67歳原作者の剛勇な人生

倉科遼さんはどのように多くのヒット作品を生み出したのか(筆者撮影)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第31回。

『原作者:倉科遼』と言えば、漫画好きな人にとってはおなじみの名前だろう。

この連載の一覧はこちら

銀座のホステスを主人公にした『女帝』(作画:和気一作)、六本木のキャバクラ嬢の戦いを描いた『嬢王』(作画:紅林直)、歌舞伎町のホストクラブを舞台にした『夜王』(作画:井上紀良)など、ネオン街を舞台にした水商売にかかわる漫画の原作を数多く書いている。

また原作者として名を馳せる前にも、漫画家、司敬の名前でヒット作品を何本も世に送り出している。

倉科遼さん(67)はどのように多くのヒット作品を生み出したのか。幼少のころからのお話を伺った。

新人賞に応募する早熟な小学生時代

倉科さんは、1950年6月23日、栃木県の黒磯市(現・那須塩原市)に生まれた。男だけの4人兄弟の2番目だった。

「小学1年の頃から絵を描くのは好きでしたね。3~4年生の頃に貸本屋を知り、漫画を借りまくりました。いわゆる“劇画”にすごい新鮮さを感じて、浸りました。そして自分でも漫画を描き始めました。早熟で小学校の時には新人賞に応募しました。その結果がどうなったのかは覚えていないんですが……」

小学校時代の成績はよく、学級委員をしたり、児童会の副会長をしたりした。

「小学6年から、中学1年くらいは激しく父親とやり合った時期でしたね」

倉科さんの父親は、戦時中は士官学校を出た憲兵だった。戦後は「戦犯者として捕まるのではないか?」とおびえていたと倉科さんは思う。

そして父親は不安をまぎらわせるために、アルコールに逃げた。

「父親は毎晩のように酒を飲んで暴れていました。夜中におふくろに連れられて、親戚の家に逃げていく、なんてこともよくありましたね」

ある日、父親はよその女を連れて、家にタクシーで乗り付けた。そして家の金庫を持って立ち去っていった。倉科少年は包丁を持って父親の後を追いかけた。その時は、本気で父親を殺してやろうと思った。

母親に「父親と離婚してくれ」と頼むと、それを聞きつけた父親に「だったら家に火をつけてやる」と脅された。

「中学に入って漫画は二の次になりました。中学の3年間は陸上に明け暮れました。父との対立で日常が過酷でしたから、運動に没頭して忘れたかったんでしょうね」

漫画家になるしかないと思っていた

中学3年になり進学の話が出てきた。

経済状況を考えて、高校への進学はできないだろうなと思った。

だったら漫画家になるしかないと思い、再び漫画を描き始めた。そして『少年マガジン』の新人賞に応募した。しかし新人賞に応募するには年齢が足りず、原稿は返却されてしまった。

そんな折、母方の祖母から「東京の高校に通わないか?」と打診があった。祖母にはあまりに衝突している父子を、事件が起こる前に引き離したいという思いもあったという。

「そして東京の高校に入学しました。そこで大きく人生が変わりました。ただ、そこでまた漫画を描くのをやめてしまいました」

高校生活は、倉科さんの隣町のおばさんがスポンサードしてくれた。おばさんには男3人の子どもがおり、加えて倉科さんのお兄さんも上京し一緒に生活していた。その中に倉科さんも加わった。

「男4人が生活しているところに最後に入ったので、家政婦のような役回りになってしまったんですね。日々飯を作ったり、掃除をしたりするのが大変で、漫画を描く余裕はなかったんです」

ピックアップブログ推薦 出版をご希望の方へ

公式連載