40歳超の転職に失敗する人と成功する人の差

やみくもにだけは始めないほうがいいです(写真:freeangle / PIXTA)

「40歳を過ぎてからでも、転職はできますか?」

この質問に単純に回答すると以下になります。

「職業を選ばなければ、また、年収や勤務地などの労働条件にこだわらなければ、すぐにでも転職できます」

「転職35歳限界説」は過去の話となりつつあるが…

厚生労働省が毎月発表している「有効求人倍率」は、2018年1月時点で1倍以上が続いているだけでなく、1974年以来、実に43年ぶりの高水準である1.5倍以上になっているので、数字のうえではこだわりさえ捨てれば、仕事に就ける可能性は極めて高くなっています。

「人手不足」は、今やあらゆる企業において死活問題になっています。AIやデータサイエンスが活況なIT業界はもちろん、宅配業界ではドライバー不足が大きな問題になっていますし、建設業界、建築業界も、東日本大震災の復興や東京オリンピック・パラリンピックの会場やホテルの建設など、仕事が急増したため人材がなかなか確保できない状況が続いています。医療や介護の現場、さらには保育の現場などでも深刻な人手不足が叫ばれています。

拙著『40歳からの「転職格差」 まだ間に合う人、もう手遅れな人』でも詳しく解説していますが、職を選ばなければ、年収や勤務地などの労働条件にこだわらなければ、40歳を過ぎていても現在の日本で転職することは十分に可能です。実際、年齢にこだわらない求人数は確実に増えていますし、こうした求人に応募して転職するミドルも間違いなく増加しています。かつての「転職35歳限界説」は過去の話となりつつあります。

ただ、現実には、職業や給料、勤務地にこだわりなく仕事を探す人はほとんどいないため、満足度が高い転職を実現するには、一人ひとりまったく異なる難易度になってしまいます。特に40歳を過ぎると、受け入れてくれる求人企業は激減するので、「こだわり条件の数」や「こだわり水準」によっては、自分が求めているレベルの求人がほとんどない、結果として転職活動が進まないというケースも激増することになります。

こうした場合、当初の希望とはまったく異なる業界・職種、雇用形態を受け入れざるをえなくなる場合も出てきます。ある事例では、「年収900万円が時給900円になった」という話も聞きますが、こうした現実は日々当たり前のように起こっています。

同じ大企業からの転職で明暗分かれた2人…

ある2人の転職事例を紹介しましょう。1人目は、大手家電メーカーの管理部門で企画系の仕事をしていたAさん(47歳)。もう1人は、まったく同じ会社・同じ部門で仕事をしていた、Aさんより10歳年上のBさん(57歳)です。

Aさんは、転職の際、転職マーケットの事前調査をまったくやらずに転職活動を行いました。大手家電メーカー時代と同等の条件にこだわり、エリアは東京の山手線の内側、業界は同じ家電メーカー、役職も部長以上、年収は1200万円以上といった希望でした。

そんなAさんの希望を満額で満たす求人はほとんどなく、エージェントからも紹介案件はありませんでした。しょうがなく、Aさんは自分で求人サイトでも探しましたが、やはり条件に合う求人はありません。

何度か、給料の表記のない求人に応募しましたが、面接で給料を聞くと、希望の半分の600万円などと言われ、自ら辞退したそうです。半年経って、多少条件を緩和しましたが、それでも希望の求人はなく、1年経っても転職は決まりませんでした。

転職活動をしているといっても、条件に合う求人がないのですからやることがなく、親族の会社の手伝いを始めました。社員ではなく、あくまでも手伝いです。