パナ伝説のエンジニアが語るイノベーター論

現在はパナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 イノベーションセンターに籍を置き、スーパーバイザーとして活動している大嶋。京都大学特命教授(大学院工学研究科)、公益財団法人 京都高度技術研究所フェロー、高知工科大学客員教授なども務めている
ビジネスにおいてイノベーターというと、スタートアップをイメージしがちだが、この世界には、大企業に所属しながら幾度もイノベーションを起こす「希少種」が存在する。そうしたシリアル・イノベーターの研究を行っている石川善樹(予防医学博士)が現在注目しているのが、大嶋光昭だという。彼はいったい、何者なのだろうか? いまの時代に求められる「新しい教養」を探る、石川善樹の人気インタビューシリーズ第6回。

登録特許数1300件!

石川:本日は、「世界の大嶋さん」をご紹介できて大変光栄です。

当記事は「HILLS LIFE DAILY」(運営:コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

大嶋:いえいえ、よろしくお願いします。

石川:読者のために、まずは大嶋さんのご経歴をざっとおさらいしたいと思います。まず、大嶋さんが出願した登録特許の数は1300件! その特許ライセンス収入だけで、これまでパナソニックに380億円をもたらしています。さらに、大嶋さんの研究が元となったプロダクトによる営業利益は3000億円! 仮に営業利益が5%だとして計算すると、6兆円を売り上げたことに相当します。

ここ1年ほど、シリアル・イノベーター特有の資質について研究を行っている予防医学博士の石川善樹。その活動のなかで衝撃を受けたのが、大嶋光昭だったという

では実際、大嶋さんは何を発明されたのかというと……代表的なのが「振動ジャイロ」で、この技術からビデオカメラやデジカメの「手ぶれ補正」技術が生まれています。これだけでも世の中に大きな恩恵をもたらしたと言えますが、さらにさらに、海外大手半導体メーカー製CPUに採用されている「省電力CPU」、日米欧の地上波デジタルTV放送の基幹部を担う「規格必須特許」、コピー・ワンスやダビング10といった“光ディスクへのコピー”を実現させた「光ディスク規格(BCA CPRM)」、同じく光ディスクソフトの「ゲーム用光ディスク技術」、3D放送に不可欠な「3D符号化技術」、そして最近では「光ID技術(リンクレイ)」といった技術を発明していらっしゃいます。

大嶋が用意した資料より。大嶋がこれまでに考案・開発・事業化した、代表的な新技術のラインナップ。(PHOTO BY TOMONARI COTANI)

つまり大嶋さんは、世界初や世界一の発明を次々に生み出す、シリアル・イノベーターと言うことができるでしょう。実際、シリアル・イノベーターの研究をしているイリノイ大学のブルース・ボジャック教授たちがまとめた『シリアル・イノベーター 非シリコンバレー型イノベーションの流儀』(プレジデント社)という書籍のなかでも、大嶋さんは紹介されています。

石川:クリエイティビティやイノベーションの研究は、1960年代にJ.ギルフォードというアメリカの心理学者が始めて以来、半世紀近くに及ぶ知見がたまっているわけですが、今日までに、2つのことが明らかになっています。

石川 善樹(いしかわ よしき)/1981年、広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士(医学)取得。「人がより良く生きるとは何か」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行う。専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学など。近著に『仕事はうかつに始めるな』(プレジデント)、『ノーリバウンド・ダイエット』(法研社)など。