職場の「雑談しやすい人」になる簡単なコツ

職場で雑談を増やすコツとは?(写真:xiangtao/PIXTA)
あなたの職場に雑談はありますか? 無駄のないやり取りがいい仕事、いい結果につながるとは限りません。
業務プロセス&オフィスコミュニケーション改善士であり、『話し下手のための雑談力』の著書のある沢渡あまねさんに、その必要性と、雑談を増やすためのコツについて伺います。

職場の雑談には効果がある

私は業務プロセス&オフィスコミュニケーション改善士として、およそ70以上の日本の職場を見てきました。

そこで気づいたのは、雑談がある職場とない職場では、雰囲気はもちろん、メンバー同士の協力体制、ひいては生産性にも大きな差があるということです。

まずはこちらをご覧ください。筆者に直接寄せられた、管理職やリーダーが語る、雑談の中身とメリットです。

「私は雑談を積極的にして、メンバーの出身地、家族構成、趣味、何を大事にしているのか、将来どうしたいのかをつかみます。適材適所が仕事の鉄則なので。どのような仕事に向いているのか、今克服しなければならない課題は何か。それがあるだけで、メンバーのモチベーションもパフォーマンスも変わってきます」(中堅IT企業 37歳 課長)
「プライベートな話を年の離れた部下はあまりしません。なので、仕事の延長線上のような雑談をします。上司が話すと指示や命令に聞こえてしまうみたいなので、『あくまで私はこう思っている』って感じで話します」(大手産業機械メーカー 50歳 部長)
「僕はトイレとエレベーターで若手と雑談することが多いですね。ほかに人がいない状況になると自分から切り出します」(外資系コンサルティングファーム 42歳 プリンシパル)
「『相手がどんなことをやっているかを知っておく』『自分が何をやっているか知らせておく』。この2つは大事です。しばらくたってから『××さんそういえばこの前、こんな話してたよね?』って時間差で効いてくる。カギは自己開示。私はだから自己開示が好きです。自分をプロテクトしてる人は損だなっていつも思います」(大手製造業〈産業インフラ系〉 43歳 課長)

いずれも現役の管理職やリーダーのリアルな声です。職場の雑談には効果がある。そう実感し、行動に動いている人は実は少なくありません。

「雑談が大事なのはわかる。とはいえ、職場で雑談を推奨するのはどうも気が引ける……」

そういう声が聞こえてきそうです。実際、最近、管理職の方にそう言われることがあります。働き方改革の気運が高まり、生産性向上が叫ばれる昨今、業務効率アップを部下に指示する立場にあって、無駄話をしようとはなかなか言えない様子です。

しかし、一歩立ち止まってみてください。ちょっとした雑談から仕事のヒントを得たり、悩んでいる課題の解決の糸口が見つかったり。そういった経験は誰しも持っていることでしょう。

雑談が敬遠されるのは、すぐに役に立つとは限らないからです。でもちょっと考えてみてください。

・飲み会の席でたまたま同僚から聞いた情報。半年後に自分の仕事に役立った

・「海外取引をすることになった。どうしたものか。あ、そういえば隣のチームの○○さん、確か前職が商社だって言っていたな。相談してみるか」

このように、ちょっとした雑談で得たインプットが、後になってアウトプットをする際の助けになることは珍しくありません。インプットとアウトプットは必ずしも同時発生しないのです。

目先のアウトプットだけ求めて、会話しない、雑談しない。これは大変もったいないことです。

それでは、雑談が生まれやすい職場の管理職やリーダーはどうしているでしょうか。おすすめしたいのは、次のような行動です。