「大型顧客」に左右される浮かれ企業の末路

バッシングを恐れないでいると、トクをすることがあります。たとえば、匿名サイトを運営していると、「悪口を書くなんてけしからん」というクレームがくるようになります。そうすると、「2ちゃんねるはよくない」ということが世間で言われるようになるのですが、僕はそれをラッキーだと思っていました。

「悪評も評判のうち」ということもあって、知名度が上がってくれることも、もちろんメリットなのですが、それとは別に、バッシングをされると、「他社が参入してこない」というメリットもあるのです。クレームや悪評に耐えられる人は、僕が見るかぎり、そこまで多くないので、あえてそこに参入してくる人は多くありません。

事業やサービスにとって、参入障壁が上がっていくのは、非常にオイシイことです。クレームがあっても需要さえあれば、何もしなくてもマーケットが成立するわけで、もし参入障壁が低いと、ライバルが現れて切磋琢磨しなくてはいけなくなります。それに比べると、悪評を恐れないほうがよっぽどラクだと僕は思うわけです。

しかも、世の中の人たちは、参入障壁を作ることに必死です。正攻法でそれをやろうとすると、政治家に法案を作ってもらって免許制にしたり、たくさんの研究開発費をかけて差別化するなど、すごい遠回りをしなくてはいけません。それよりは、勝手にライバルが減っていく状況でひっそりとサービスを提供し続けている道のほうが、全然いいと思うんです。

みんな一律に休ませてしまうのはいかがなものか

前回(結局のところ生き残るのは「仲のいい会社」だ)も含めて、ここまで会社が生き残るための方法を、僕なりに述べてきました。とはいえ、会社というのは、うまくいくときはうまくいくし、ダメになったら「はい、解散」というノリでちょうどいいと思っています。日本全体がそういう意識で働いていれば、伸びる産業はどんどん伸びて、衰退する産業はすぐに撤退するというサイクルになるはずです。

『働き方完全無双』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

「パッと辞められて、パッと移れる」というマインドでいれば、個人にとっても精神的にラクだと思います。

超優秀な人が、普通の人の10倍、100倍頑張ってくれるから大丈夫だろう、と考えることもおすすめです。それをみんな一律に、「もっと休みましょう」と言ってしまうのは、単に能力のある人をしぼませてしまうだけです。その結果、国全体が生産できる価値が縮小してしまい、回りまわって全員が損をしてしまうのです。

パイが限られていて、それをいす取りゲームのように奪い合う競争を、「ゼロサムゲーム」といいます。農業や漁業であれば、ある程度のゼロサムは仕方ないでしょうが、日本でいす取りをするのではなく、その中にいる「いすを作ろうとしている人」を応援するようにしなくてはいけません。

孫正義さんや三木谷浩史さんが座っている1つのいすを奪うより、10個でも100個でもいすを増やしてくれるのであれば、それを応援して、ちゃっかり自分も座るようにしたほうが絶対にトクなわけです。自分がゼロサムゲームをしていないか、足を引っ張ることをしていないか、わが身を振り返るようにしましょう。

(文=ひろゆき:元2ちゃんねる管理人)