「不機嫌な40代」が職場をむしばむ根本理由

40代になったら普通にしていても不機嫌に見えてしまう?(写真:新潮社写真部)
自身が住むアパートの大家さんとの何げないやり取りを描いたマンガ『大家さんと僕』。同作の著者、お笑い芸人のカラテカ・矢部太郎さんが持つ穏やかな雰囲気も話題となっています。今回は『不機嫌は罪である』が話題となっている明治大学文学部の齋藤孝教授と、ニッポンの職場における「不機嫌・上機嫌問題」について語り合いました。

40歳過ぎたら全員、“不機嫌”と思え

矢部:僕、今年で41歳になったんですけど、先生の著書『不機嫌は罪である』を読んだらびっくりしたんです。いきなり「男性は40歳過ぎたら、普通にしてても不機嫌に見えると思った方がいい」と書いてあって。

齋藤:40歳を過ぎた男性の“普通”って、すでに不機嫌なんです。実際に不機嫌じゃなくても、不機嫌に「見えている」。講演会で、一度に何百人もの中年男性を前に話すことがあるんですが、反応が重くて(笑)。同じ内容を女性に話したら何回も爆笑が起きるのに、男性はシーン……。飲み会でも、ムスッとしたおじさんが帰るとすごくリラックスすることがありませんか?

矢部:確かに不機嫌な人といると疲れます。でも、大人の貫禄もつけたいなぁ……。

齋藤:実は貫禄がないほうが、かえって相手にプレッシャーも与えなくて良かったりするんですよ。

矢部:僕も芸歴20年以上なのに、子どもにさえナメられます。

齋藤:でもナメられるのって、今の時代プラスだと思うんです。子どもが近寄ってくるんでしょう? 怖がられないのは、イコール品のよさ、親しみやすさでもあるんじゃないでしょうか。不機嫌なおじさんに子どもは近寄りませんから。

矢部:仕事でも、機嫌の悪そうな先輩には話しかけづらいですね。

齋藤:無理に貫禄をつけようとムスッとしてるより、おだやかでちょっと気の抜けた上司のほうが断然話しかけやすい。話しかけやすさは今や、仕事がスムーズに進むか否かに直結します。組織心理学の見地からも「職場の空気が重かったり、不機嫌な人がいると組織全体のパフォーマンスが下がる」と言われているそうです。上機嫌でいることは今や「職務」なんです。

矢部:齋藤先生は上機嫌であるために、普段から何かされてるんですか?

齋藤:よくクラシックを聴きます。モーツァルトの交響曲やバッハのゴルトベルク変奏曲を聴いていると、何か途方もなく大きくて緻密な、異なる時空間に連れていかれるように感じるんです。日常の喧騒から離れた場に身をおくことで、気分も上向いてきます。

「大家さんと会うときは機嫌よくいたい」

齋藤教授は、よくクラシックを聴くという(写真:新潮社写真部)

矢部:僕は大家さんといるとき、どこか時間がゆったり流れるように感じます。

齋藤:矢部さんの上機嫌の秘訣は、やはり大家さんなんですね。

矢部:大家さんと会うときは機嫌よくいたいなと思うんです。僕はお腹がすくと不機嫌になっちゃうので、いつもご飯を食べてから大家さんに会うようにしています。

齋藤:あえて食事してから会うんですか(笑)。だいたい機嫌が悪くなるときって、寝不足だったりお腹がすいてるときが多い。日頃から体を整えておくのは大事ですよね。

矢部:僕は、朝お風呂に入ることが多いんですけど、そうすると1日上機嫌でいられるような気がします。

齋藤:お風呂に入るのは効果的ですね。人間の身体には、「温まりたい」という欲求があって、人は食べ物からエネルギーを摂取して熱に変え、体温を維持している。栄養をとらず、運動もせずに冷えた体は、全体として淀み、不機嫌にもつながってしまいますから。

矢部:体が冷えて気分も下降ぎみになったら、どうすればいいんでしょう?