キレる寸前で踏みとどまれる人の3つの習慣

お父さんがキレずに我慢できた瞬間を、息子はしっかり見ているし、多くのものを受け取っている(写真:foly / PIXTA)

人はちょっとした感情の爆発でキレて、自分が積み上げてきたものを一瞬で失うことがあります。職場でも家庭でもそういうことはよく起こります。

ストレスを弱い相手にぶつけないためにできること

特に上司や親という立場にいる人は要注意です。なぜなら、キレたついでに自分がため込んできたストレスを弱い相手に全部ぶつけてしまうということがよく起こるからです。では、そうならないためにはどうしたらいいでしょう? そのことを考えるうえで、30代半ばの三山洋介(仮名)さんの話が参考になると思います。

この連載の記事一覧はこちら

三山さんは東京郊外で小さな塾を経営しています。ある日の夜、妻とささいなことで口論になりました。夕食の洗い物をするのは三山さんの仕事なのですが、その日はテレビのゴルフ中継に夢中になってしまって、いつまでも取りかかりませんでした。すると、妻が「ちょっと、洗い物まだなの? いつまでテレビ見てるの!」と言いました。

それで、イラッとした三山さんが「今やろうとしてたんだよ」と言い返しました。その後、「うそばっかり。何時だと思ってんの」と妻も言い返して、「なに、その言い方? 寝るまでにやればいいだろ」「さっさとやってくれなきゃ片づかないでしょ」と言い合いになってしまいました。

翌朝になっても、三山さんはモヤモヤした気分を引きずっていたので、出勤の準備をしている妻にまた嫌みを言ってしまいました。そして、妻が出勤してから1人で大いに後悔して、また気持ちが暗くなりました。

そうこうしているうちに、小学2年生の長男・浩介君が、元気よくスキップをしながらリビングに入ってきました。今日は土曜日で学校が休みなのでうれしくてたまらなかったのです。浩介君は、リビングに入ってからドアを思い切り強く閉めました。それで、掛けてあったクリスマスリースが落ちてバラバラになってしまったのです……。

皆さんの家庭でも、時にこういうことが起こるのではないでしょうか? 大人がストレスをいっぱい抱えてキレる準備ができているときに、子どもはこういうことをしでかすものです。こういうときどう振る舞えばいいのでしょうか? もちろん、みんな頭ではわかっています。でも、実際に自分の感情をマネジメントして、取るべき行動ができる人は少ないです。

実は、本当にすばらしいことに、このとき三山さんはキレて浩介君をしかりつけるという安易な道に進みませんでした。三山さんは、クリスマスリースが砕け散るのを見てイラッとしたのですが、キレそうな瞬間に自分の感情に気がつきました。そして、ここで深呼吸をしたのです。胸いっぱいに息を吸い込んで、ゆっくり吐くことで少し気持ちが落ち着きました。それから、「大丈夫? ケガしなかった? びっくりしたね。さあ、一緒に片づけよう」と言ったのです。ギリギリのところで、持ちこたえたわけです。

お父さんの振る舞いから息子が学んだもの

浩介君は、「しまった」と思って緊張したはずですが、三山さんの言葉を聞いて安心したことでしょう。私は、この出来事によって浩介君はお父さんのことをますます好きになったと思います。尊敬する気持ちも育ったでしょう。そして、誰かが失敗したり物を壊したりしたとき、どういう振る舞いをすればいいかということも学んだはずです。兄弟や友達がそういう状況に陥ったとき、浩介君は今回のお父さんのような振る舞いができる可能性が高まったと思います。

この反対に、もしこのとき三山さんが「何やってるんだ! ドアを閉めるときは静かにって何度言ったらわかるんだ。見てみろ! リースが粉々になっちゃったじゃないか。本当にお前はいつもやることが乱暴なんだよ」と言っていたらどうなっていたでしょうか。もちろん、浩介君の楽しい気持ちは台なしになっていたはずです。