就活面接は「不意を突く質問」への備えが必要だ

就職活動での面接には変化球のような質問が投げかけられることがある。あらかじめパターンを学んでおけば焦らずに切り抜けることができそうだ(写真:Fast&Slow/PIXTA)

3月に入って大規模な合同企業説明会が開催され、リクルートスーツ姿の就活生が目立つようになった。面接も盛んに行われている。学生は面接に備え、キャリアセンターなどで模擬面接を経験しているだろう。

話す内容とともに、受付での振る舞い方(受付段階でも観察されている)、ドアの開け方と自己紹介、いすへの座り方、姿勢と視線などのマナーも指導してもらったはずだ。これが面接の基本である。

しかし、企業は学生がそういう指導を受けることを前提に面接を行う。面接の応答はしばしばキャッチボールに例えられるが、素直な球ばかりではなく、受けづらい曲球もある。どんな質問があるのだろうか?

2019年卒業予定の大学生・大学院生を対象に、HR総研が「楽天みん就」と行った共同調査から、先輩たちが「困惑した面接での質問」を紹介してみたい。

「ありのまま」を勘違いする学生

面接の目的は、企業と学生の相性を確認することだ。志望動機、自己PR、学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)の3つの質問で、企業は学生の能力と本気度を知り、直近の過去(大学生活)のエピソードによって人物を確認しようとする。ところが、多くの学生はトークを練り上げて面接に臨む。企業はそんなトークを聞きたくない。聞きたいのは、「ありのまま」「素」の言葉だ。

『就職四季報』特設サイトはこちら

「ありのままの自分を出してほしい」と言う企業の言葉を素直に信じる学生はいないが、信じない理由は「ありのまま」の意味がわからないからだと思う。学生は「ありのまま」と聞くと、「ありのままならリクルートスーツじゃなくていいのか」と、「ありのまま」を外見から理解して演じようとする。それは勘違いだ。

企業の言う「ありのまま」とは「素直に」「嘘はつかず」「話を盛らず」という意味だ。しかし、そう言っても学生に伝わらないので、定番の質問以外で無茶ぶりや不意を突いて、その反応で発想力や論理性を見て取ろうとする。しかし、この種の質問を知らない学生はかなり多いようだ。

採用広報解禁後の3月2日の夜に面白い番組を観た。多数の人事と就活生を集めた「就活応援TV2019 学生と企業のホントの本音」(NHK)だ。画面下部にTwitterの投稿が流れていたが、そのほとんどが学生のコメントで、「勉強になった」「おもしろい」「もっとこんな番組を放送してほしい」と、熱心に観ていることがわかった。

若者の投稿が目立ったが、土曜日の夜の番組だったので、多くの人事関係者や大学関係者も観たはずだ。

面接の質問も主要テーマとして取り上げられ、「あなたを野菜(あるいは果物)に例えると何?」という質問に複数の学生が戸惑ったと発言していた。「楽天みん就」の登録学生を対象にした調査でも、多くの学生が「例えると何?」に戸惑っている。しかし、「例えると何?」は面接官が好んで用いる質問パターンである。

例える対象はたくさんあるが、最も多いのは動物だ。イヌ、ネコのようなペットから、利口そうに見えるゾウやイルカ、強そうなクマ、ライオン、トラといろんな答えが考えられる。ゲーム感覚で友だちと話しておくといいだろう。

「自分を〇〇に例えると?」

食べ物系も多い。「自分をフルーツに例えると」「自分を野菜に例えると」「自分を寿司ネタに例えると」という質問を先輩は受けている。

「色に例えると」もかなりある。なかには「自身を戦隊ヒーローに例えると何色になると思いますか」という変則的な質問を受けた学生もいる。「家電(あるいは商品)に例えると」もよくある質問だ。数は少ないが、「標識に例えると」「車の部品に例えると」「文房具に例えるなら」「歴史上の人物に例えると」という質問もある。