定年後「好きを仕事にしたい人」がたどる末路

カフェ開業など「定年後」は夢を追いたくなる。だがリアルな計画はできているのか?(写真:tsuyoshi_kinjyo/iStock)

「定年後は“好き”を仕事にしたい!」。こうおっしゃる50代が増えています。

ファイナンシャルプランナーとして、日々ライフプラン相談をお受けしていると、お客様の「定年後の夢」を伺う機会も少なくありません。現役時代は自分を殺して会社に奉公してきたのだから、「せめて定年後は好きな趣味などを仕事にしたい」と願う人が増加傾向にあるように感じます。

田舎で蕎麦屋をする、夫婦でカフェを開いて手作りのお菓子を振る舞う、自宅をリフォームしてパン教室を開く……といった定年後の暮らしを紹介する雑誌などで、笑顔で登場する“好き”を仕事にした方々を目にすると、「いつか自分も」と思うのかもしれません。

「好きを仕事に」とは心地よい響きの言葉ですが、そうはいっても「仕事に」する以上、経済的メリットがなければ意味を持ちません。「定年後は公的年金だけでは心もとないので、稼ぎたい」という場合、好きだからという理由だけで始める仕事では十分に稼げないかもしれません。今回は3つのお客様のケースから、好きを仕事にするポイントを考えてみます。

他人は「自分が好きなこと」に本当にお金を払うのか

メーカー勤めのAさん(56歳)は、入社から現在までずっと技術畑を歩み、「定年後のことを考える暇もなく、忙しいまま過ごしてきた」とのことです。

「今は気楽な一人暮らしですよ」とおっしゃるAさんはスリムな体形を保ち、おしゃれです。趣味はトライアスロンだそうで、全国大会にも出場する本格派。スポーツを通じた友人も多く、定年後は地元で「市民向けマラソン教室を開きたい」と考えているのだそうです。

でも、Aさんの趣味であるスポーツを、そのような形ですぐ仕事につなげられるでしょうか。そもそも、自分の好きなことにお金を払ってくれる人がいるだろうと思うのは早計です。自分の好きなことは市場から対価を得られる商品やサービスなのか。そこを慎重に吟味してから「仕事に」する必要があります。

筆者がAさんに「市民向けマラソン教室」による収入の見込みを聞くと、「いやぁ、そんなことはまだ考えていないですよ」とおっしゃいます。筆者はAさんの「老後のキャッシュフロー」が気になりました。

そこで、退職金の見込みを伺うと約1000万円、預貯金も約1000万円とのこと。一見すると恵まれているようですが、ねんきん定期便を確認したところ公的年金は65歳から受給開始です。これからも毎月続く家賃などの支払いを考えれば、Aさんは定年後もできるだけ長く働き、収入を得ていくことが必須でした。

それからしばらくして2回目の面談にお越しになったAさん、会社の退職金制度の詳しい資料も手に入り、「定年後の生活をリアルに考えられるようになった」とおっしゃいました。毎月決まった給料が入る会社員生活が長くなるにつけ、「お金を稼ぐということに対し、甘い考えになっていた」とも。

結局、Aさんは65歳までは会社の再雇用制度で働き続け、マラソン教室はボランティアとして取り組むほうがいいと判断しました。「定年まで少し余裕がある今の段階で、将来の暮らしを具体的に考えることができたのは、本当によかった」と納得の様子でした。

早期退職は「早く自由になる」分、その後の熟慮が必要

次は、会社でのキャリアと“好き”を「掛け算」することで新たな仕事につながり、収入の見込みも立ったケースを紹介しましょう。

Bさん(51歳)は、勤め先が吸収合併され、職場も閉鎖となり、「退職金が上積みされるのなら」と早期退職の道を選びました。料理が好きな彼女は「食の仕事をすることが夢です」とおっしゃって、退職後は調理師の勉強を始めるのだそうです。