「ロジカルな人」の企画が面白みに欠ける理由

「ロジカル」なだけでは、優れたアイデアは湧かないといいます(画像:adam121 / PIXTA)
累計20万部を突破している『仮説思考』『論点思考』の著者、内田和成氏。現在は早稲田大学ビジネススクールの教授で競争戦略論やリーダーシップ論を教えるが、20年以上ボストン コンサルティング グループに在籍し、日本代表を務めた経験もある。経営コンサルタントの仕事を通じて優れた経営者から学んだのは、彼らは経験や直感を大切にしているということである。
大改革を成し遂げた経営者、ユニークな戦略で自社を飛躍させた経営者に、「なぜ、そのような意思決定をしたのか」と尋ねると、「勘です」とか、「答えは誰もわからない、やってみるしかない」という回答をもらうことが多いという。
内田氏の新著『右脳思考』では、優れたビジネスパーソンが意外にも、感覚・感情、直感、勘など、論理(ロジック)では説明できない「右脳」的なものを重視していると述べている。本稿では、右脳の力を磨く方法を解説してもらう。

ロジックが正しいことよりも大事なこととは

「優秀なコンサルタントはいきなりフレームワークを持ち出さない」

『右脳思考』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

いきなり左脳的に分析を始めたり、プレゼンテーションをしたりするのはあまりお勧めできないと私は考えている。20年以上、コンサルティングの仕事をしている中で、ロジックは文句のつけようのないくらい完璧な提案でも、クライアントが採用しなかった事例をいくつも見てきたからだ。駆け出しのコンサルタントだった頃、自分の所属していたチームでもそうした目にあったことがある。

ロジックが正しいことよりも大事なことは、人を動かすことなのである。そして、人を動かすのは、「やりたい」「面白そう」「やらないとまずいな」といった気持ち、感情である。

ビジネスでは「データを基に、理詰めでやれ」と言われるが、「思いつき」「感覚・感情」も大いに生かしたほうがよいと考えている。日常生活では何か行動を起こすときに、ほとんど勘や思いつきといった右脳発想から考え始めて、後から左脳的、つまりロジカルな整合性をとるようにするのがほとんどのはずだ。このやり方をビジネスに生かさない手はないと思う。

あなたは彼女(彼)と映画を見に行くことになっているとしよう。もちろん2人で相談するのが普通だが、その前に、自分ひとりで考えてみたとしたら、どうなるだろうか。

1つ目のパターンはこうなる。

4月16日、内田和成氏とスマイルズ社長・遠山正道氏のトークイベントがコレド日本橋WASEDA NEOにて開催されます。詳しくはこちら

今はやっている映画は何かな? そういえば友だちが、イギリスのロックバンド、クイーンを描いた『ボヘミアン・ラプソディ』が面白いと言ってたな、でも、テレビで映画評論家がアカデミー賞作品賞の『グリーンブック』を薦めていたな。人種差別が当たり前の時代を舞台に、白人の運転手と黒人の天才ピアニストの心の交流を扱っているそうだ。一方で、自分の見たい映画から選ぶとしたら、『スター・ウォーズ』や『ジュラシック・ワールド』のようなアクション映画が好きだから、『スパイダーマン:スパイダーバース』がいいかな。しかし、彼女は『ラ・ラ・ランド』のような恋愛ドラマや『アラジン』や『アナと雪の女王』のようなディズニーアニメが好きだ。

この間、デートを直前でキャンセルして迷惑をかけたばかりだから、今日は彼女の趣味に合わせたほうがよさそうだ。

そういえば、この間ディズニーのアニメを見たと言っていたから、今日はアニメではなく恋愛モノがよさそうだ。『翔んで埼玉』でも見に行こうか。