「高級派遣扱い」大手コンサルで働くジレンマ

40歳手前で大手に転職したものの、働き方に不満だらけです。40代のキャリアはどうしていったらいいのでしょうか(写真:Sunrising/PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

中小企業対象の経営コンサルタントを10年やった後、38歳でビッグ4のとあるファームに転職しました。
正直、年収はたいして上がってませんし、働き方の自由度は低いし、大手コンサルファームは合ってない、40歳になってまでこんな働き方をしたくないと思いながら、早くもいかに辞めるかを考えています。
採用されたものの、社内からは所詮中小を相手にしてきたレベルの低い人材扱いされます。

私からしたら、大手コンサルなんて大手企業からしたら高級派遣扱いで、中小企業支援で得られる真の経営支援なんて触らせてももらえない希薄な味気ない仕事としか思えません。

自分の望む働き方を求めて退職することは簡単ですが、その自分の望む働き方がどこに行けばかなえられるのか、もうわからなくなりました。

独立するための顧客も大手では持って出られませんし、この先どうやって生きていこうか不安で何も手につきません。

40代のキャリアはどうしていけばいいのかヒントをください。
コンサルタント 野田

20代のような考えは通用しない年齢

40代でのキャリアの基本は、今までの職業人生を通じて経験してきたことや知識の集大成として、インプットからよりアウトプット中心へと移行することです。

したがって、仕事の基本は自分自身の職業人としての価値をもって、勤務先やクライアントに対して具体的付加価値や具体的解決策の提供を行うこととなります。

この連載の記事一覧はこちら

その年齢になってくると、ゼロベースでこれからキャリアを切り開くという考え方は一般的ではありませんし、どこに行っても問われるのは「あなたの職業人としての具体的な価値はなんですか?」です。

転職するにせよ、現在の職場にせよ、この「具体的な価値」を提供できるか否かが勝負であり、「これから勉強します」という20代のような姿勢はもはや通用しないと心得るべきです。

したがって、40代として考えるべきは、今までの職業人生を通じて自分はどんなスキルや経験を身に付けてきており、またそれは今後どう活用できるか、です。

加えて、その年齢になると一個人としてのスキルや経験もそうですが、チームマネジメント力や人間力が問われます。

周りをリーダーとして引っ張ったり、周囲とのチームワークを活かして1人では成し遂げられない仕事をプロジェクト的に、チームワークをもって周りを巻き込む力を発揮できることが求められます。

また、40代としてもう1つ大切なことは、「理想の職場を探す」のではなく、自らの努力によって「理想の職場を創りあげる」気概です。その年齢になると、もはや「フォロワー」としての立場ではありえませんし、そんなことは求められていません。求められるのは、より高い視座での仕事や新規事業、またはよりよい職場環境や雰囲気等を「創る力」です。

「自分の売り出し方」を考える

そう考えますと、頂戴した文章に書いてある「理想の職場を探して退職」というスタンスそのものを改める必要があるでしょう。

「理想の職場を探す→そこで頑張ってみる」が通用するのは20代だけです。40代ともなれば、「自分の持つ付加価値→それを活かせる職場」という構図でキャリアを考えたいものです。

幸いに、野田さんは経営コンサルとして長い間にわたり一貫したキャリアを積んでこられたようですから、今後のキャリアを考える際にも、出発地点はそこになります。その際に、現在の大手コンサルで感じた「ネガティブな感情をベース」に考えてはいけません。