ほめ方の本質を知らない人が損していること

子どもに対しても大人に対しても、ほめ方の本質は同じです(写真:xiangtao / PIXTA)

私の仕事は、夫婦、親子、友人、職場などの人間関係をよくするようなほめ言葉を教えることです。日本全国各地、ときには世界を飛び回って、「ほめ言葉の大切さ」を万単位の人に伝えてきました。

「結果」ではなく「過程」をほめる

とはいえ、ただほめればいいというものではありません。相手の心を動かす技術があります。たとえば、子どもがテストで100点を取ったとしましょう。「100点を取って、えらいね」こんなほめ言葉をかけたことはありませんか。でも、実はこれはよくない「ほめ」なのです。では、どう言えばいいのか。

「あのとき、テレビを見たいのをガマンしていたよね」

「いつもより早起きしてお勉強していたよね」

「お友達と遊びたいのを耐えてがんばっていたよね」

こう言えば、あなたの言葉は子どもの心にしっかり届きます。そして、できるだけ具体的に、がんばったときのシーンが相手の心に浮かんで「あの時のことだ?」とわかるくらい、日時を入れるなどして詳しく伝えてあげましょう。

拙著『たった一言で人生が変わる ほめ言葉の魔法』でも詳しく解説していますが、大切なのは、「結果」をほめるのではなく、「行動や努力」、そして「人間性」をほめる、という点です。確かに、テストで100点を取るのはすごいことです。けれど、もしも次のテストの点数が80点だったらどうでしょう。同じように努力しても、いい成績のときもあれば、思ったほど点数が取れないときもあるはずです。

子どもの成績がよくないとき、ほめるに値しないのでしょうか。そんなことはありません。努力をしたこと、一生懸命がんばったこと、その「過程」をほめてあげることが大事なのです。人生は小さながんばり、小さな決断の積み重ねでできています。すばらしいのは「100点を取った」ことよりもむしろ、「100点を取るための行動を選んだ」ことにあるのです。

テストの点数だけをほめることは、子どもの価値をほんとうに認めたことにはなりません。どんな人でも人間性をほめられたいものです。それは、外見や成績といった表面的なことではなく、ひたむきさや誠実さ、努力する姿勢といった、その人の本質を肯定することなのです。これには子どもも大人も関係ありません。

わたしが大事にしているのが「自尊心の3大欲求」です。アメリカの心理学者ウィル・シュッツ博士が提唱した「自己重要感」「自己有能感」「自己好感」の3つです。ほめ言葉によって、これが満たされるのです。

自己重要感は「自分を大事な存在として認めてほしい」という欲求です。「ありがとう」と言われたときに満たされます。自己有能感は「的確な意思決定と行動ができるようになりたい」という欲求で、「すごいね」「成長したね」と言われたときに満たされます。最後の自己好感は「人に好かれたい」という欲求です。「好きだよ」「好感が持てる」などと言われたときに満たされるものです。

つまり、理想的なほめ言葉は、次のような言葉が自然にあふれ出てくることです。

「ありがとう」

「すごいね」

「成長したね」

「好き!」

「好感が持てる」

たとえば、「きちんとあいさつできていたね、すごいね!」と、ほめられた子どもは自尊心が満たされます。それだけではなく、もっと認められたい、好感を持たれたいと願うようになります。

「次はもっと大きな声であいさつをしてみよう」

「もう少し、きちんとした姿勢のほうがいいかな?」

「あの人にも、あいさつしてみよう」

このように、思考がどんどんプラスの方向に進んでいきます。たった一言のほめ言葉だとしても、相手の自尊心を満たしてあげられれば、その人の心を動かせるのです。