栗原類が語る「発達障害の僕が直面した現実」

「発達障害」と歩んできた栗原類氏に語っていただきました
8歳の時、当時在住していたNYで、「発達障害」と認定された栗原類氏。小学1年での留年、日本の中学時代の不登校、高校受験の失敗など紆余曲折を経ながら、なぜ芸能界という自分の才能を生かす場所を見つけて輝けるようになったのかをまとめた、著書『発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由』が話題だ。
同じ障害がありながら、いつも栗原氏を信じて導いた母。アメリカの「発達障害」に対するおおらかな環境と、学んだ英語が自信になったこと、されて嫌なことを人にはしないと決めた、人として愛される生き方など。ADDの特徴である衝動性を抑え、苦手なコミュ力を克服し歩んできた今までを語っていただいた。

脳のクセを知り訓練すれば、人は変われる

ADHD(注意欠陥・多動性障害)/ADD(注意欠陥障害)は脳にクセがあり、その独特のクセが日常の困難を引き起こしています。まずは自分の弱点を知ることが克服への第一歩となります。自分にとって何が苦痛なのか、何が苦手だと感じるのか、そして、家族や周囲の人は自分が引き起こす何で頭を抱えているのか、困っているのか、それを見極めることが重要です。

僕の場合は、手先が不器用である、注意力散漫、集中力が低い、記憶力に問題があるなどですが、それらの弱点に関して、小学校低学年の時点で問題点を分析してもらえたので、何かを忘れたり、できないことがあっても、覚える訓練を始めることができました。

しかし、訓練をしたからといってすぐにできるようになるとは限りません。実際、今でも克服できていないものがたくさんあります。8歳から発達障害と向き合ってきていますが、14年頑張ってもできないことはいまだに多いです。物事に長期的に集中することは簡単にはできないですし、同じミスを何度も繰り返します。だけど14年前、5年前、2年前、それぞれを振り返ってみると、その当時できなかったことで、今できていることはたくさんありますし、この先もきっと少しずつ変わっていくだろうと思うのです。

生きていくなかではよいこともあれば、嫌なことも体験します。22年間、生きてきていろいろなことを体験してきました。よいことも悪いことも。でも、それらを忘れることが多かった。僕は、どんなに楽しいと思ったことも、反省すべきと感じたことも、すべては寝たら翌日にコロッと忘れてしまうのです。

しかし、自分がやったことを何もかも忘れてしまうので、自分が昨日起こしたミスを、そのまま翌日また引き起こしてしまうことも多々ありました。

さらに、自分がやったことが悪いことだったという認識がないため、またミスを起こす、という繰り返しになってしまいます。自分が何度も同じミスをするたびに、母には何度も同じことを指摘されて、手間をかけさせてしまいました。

反面、嫌なこともどんどん通り過ぎていき、心的なストレスがかかりにくいというメリットもあります。発達障害には僕のように記憶力がすごく弱いタイプの人もいますが、逆にものすごく記憶力がよくて、物事を映像でとらえてどんどん記憶し、思い出すときは脳内で映画が上映されるように思い出す人や、聞いた話を一字一句頭に入れてしまう人もいます。そういう人達は大概、小さい頃から学校の成績も良くて優秀で褒められて育ってきますが、その反面、嫌なことも忘れられないのです。

周囲に自分のクセを伝え、協力を依頼する

僕の短期記憶の悪さと、外の刺激に弱く脳が疲れやすくて、疲れると眠くなってしまったり人の話が頭に入ってこなくなることなどは、仕事関係者などに早めに伝えるようにしています。たとえば、疲れると集中力が異常に低下してしまう、判断力が鈍って正しく判断ができないことなどは、事前に言っておかないと、結果として周囲に迷惑をかけることになります。ただ、説明しても、すぐには理解されません。