プロ野球戦力外通告を受けた20代夫婦の現実

プロ野球選手の給料は、年俸を12カ月で分割して、毎月支払われる。康平さんが2016年にもらっていた年俸は800万円。戦力外通告を受けても、契約上、12月までは毎月66万円が支払われるが、年がかわる2017年1月からはまったくのゼロになる。

それまで住んでいた横浜のマンションの家賃は月13万円。貯金を切り崩しても、生活費は半年ともたない。

さらにそこに追い討ちをかけるのが税金だ。税金は、前の年、つまりプロ野球選手だったころの年収で計算される。収入がなくても、ざっと100万円ほどを払わなければならない。追い込まれた美佐さんは、ある決意をした。なんと、実家に居候する道を選び、互いの両親に頼み込んだのだ。

夫婦の生活は急変した

双方の実家を行き来して、居候させてもらう日々が始まった。当然、康平さんの実家では美佐さんの肩身が狭い。せめてもと、家事は義母がやる前に自分が動くと決めた。

この状況を一刻も早く脱するべく、美佐さんは、もう1度、教師に戻ることを考えていた。だが、そこには、ある問題があった。教師となるためには、住んでいる地域の登録が必要なのだ。夫の職が決まり、住む場所が決まらなくては教職に戻ることもできない。

そのために康平さんが、元プロ野球選手のプライドを捨てて向かったのはハローワークだった。

野球か? 安定した職業か?

康平さんに対して、ハローワークの職員は丁寧に応対してくれるのだが、肝心の本人が何をしていいのかわ分からない。社会人野球にプロ野球、ともに野球の才能を見込まれて「就職」できた。これまで一般的な職業の就職活動はまるで経験がなかった。

故障を抱える康平さんは、野球への未練を捨てて、それ以外の道を必死で模索していた。そんなある日、そんな彼の心を揺さぶる事態が起こる。プロ入り前に所属していた社会人野球のチームから「戻ってこないか」と誘われたのだ。

嫌いで辞めた野球ではない。故障をかばい、だましだましでも野球を続けていくか? 思い切ってきっぱり野球をあきらめるか?

子供の頃から野球を夢として生きてきた康平さんにとっては、簡単に下せる決断ではなかった。

一方、妻・美佐さんの本音は「安定した職業に就いてもらいたい」。康平さんに野球への未練が残っていると感じた美佐さんの提案により、夫の実家で家族会議が開かれた。

「職人がいいんじゃないかな」

康平さんの母も、美佐さんと同じく、野球をあきらめて安定した職に就いてほしいという意見だった。

ところが、康平さんの父は違った。「本当は、もう1年野球をやってほしい」のだという。義父は、高校野球の監督を務めたほどの野球人。息子の夢は、父の夢でもあった。女と男で真っ二つに割れた家族会議。決断は、康平さん本人に委ねられた。

夫は野球以外の道を選んだ

家族会議から3日後、再び萬谷家を訪ねた。康平さんは、一般企業の面接に足を運んでいた。野球以外の道を選んだということだ。

「美佐の両親にも、プロ野球を辞めたので、次は働いて養っていきます、って言いたいですよね」

教師を辞めてまで、自分の夢に寄り添ってくれた妻。その妻を今度こそ幸せにしてやりたい。後悔させたくない。

教師という自分の夢をあきらめてまで結婚した相手が、戦力外通告。美佐さんの選択は正解? それとも後悔?

「後悔はないですね。プロ野球選手を好きになったわけではなくて、それ以前の主人を好きになったので、たまたまそのひとがプロ野球選手になったというだけなので、何も後悔はないです」

その後、康平さんの再就職先が決まった。保険会社の営業職だという。

「営業は人とのコミュニケーションがいちばんなので。そこが上手にできるのかな。笑顔で頑張れるのかな」。美佐さんは少し心配しているものの、29歳、元プロ野球選手の第2の人生が始まった。後輩の新人選手たちがキャンプからオープン戦で厳しい競争を繰り広げるのをよそに、萬谷康平は会社の研修に臨む。

「横浜DeNAベイスターズから来ました萬谷康平です! よろしくお願いします!」

(文=TBSテレビ『結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち』取材班)