一生懸命に働いているのに、まったく成功に近づいている実感がないあなたへ…実践的突破法

「Thinkstock」より

 人材育成の専門家として企業などに出入りしていると、従業員の方々から何かと相談を受けることが多いものです。なかでも多いのは、「どうすれば出世できるか」「どうやって頭角を現せばよいのか」、別の言い方をすれば「どうすればブレイクできるのか」という相談です。彼らは社会人として経験を積み、努力しているものの、自分自身が過去に思い描いていたような華やかな成功のイメージには、なかなか近づいていないと感じています。

 真面目に働いているのですし、自分を成功へ導くきっかけが見つかってもいいはずだと思いながらも、何をどうすればいいのかわからず悩み、焦り始めているのです。

 これは私自身が若い頃から悩みに悩んできた事柄でもあります。一生懸命に働いていても、ビジネスパーソンとしての成功に近づいていないという不安や、成功への具体的な計画が立てられないことへの苛立ちは、よく理解できることです。

 そんなときに私が伝えるアドバイスは、「大きく成功したければ、小さな強みに磨きをかけろ」というものです。ありきたりな助言に聞こえるかもしれませんが、同じような悩みを抱える人がいれば、ぜひあらためて考えていただければと思います。

●どんな仕事の機会が与えられているのか

「どうすればブレイクできるのか」を考えるに当たっては、「どんなことに取り組むか」を熟考しなくてはなりません。何に注力するかによって、生み出される結果は異なってくるからです。

 私に相談に来る人たちのほとんどは、会社などの組織に所属して仕事をしています。皆が所属組織の業績を上げるために奮闘していますが、人材育成の専門家としてはじめに観察するのは、どんな人たちがその組織(たとえば、部、課、プロジェクトのチームなど)を構成しているか、ということです。

 話をわかりやすくするために、スポーツのチームを例に考えてみましょう。たとえば強豪といわれる大学駅伝チームでは、どんな選手がそのチームを構成しているのでしょうか。各区間を走るそれぞれの選手について、私が真っ先に考えるのは「駅伝の一区間(だけ)に使われることで、より大きな可能性がつぶされている選手はいないか」ということです。もしかすると彼らには、たとえばマラソンで記録に挑戦するような力があるかもしれないからです。そんな選手ばかりを集めて駅伝の一区間ずつを走らせれば、きっと強いチームをつくりやすくなるでしょう。

 あくまでも一般的な話ですが、私自身が昔は陸上競技の選手で、そんな選手を実際に見てきた経験もあることから、強いチームを見たときほど、そんなふうに考えてしまうわけです。

 会社などの組織でも、その人材の力を伸ばすような大きな仕事の機会は与えられず、組織の業績を上げることだけが考えられ、優秀な人材が小さな仕事だけに使われていることがあります。これは管理者が意図的にそうしているケースも、優秀な人材の能力を使いきる能力を持っていないケースも、あるいはなんらかのやむを得ない事情が存在するケースもありますが、自分の力を発揮したい人材からすれば、あまりに残念な話です。

 このような境遇にいるのならもちろん、そうでないにしても、自分の力を試したいと思っているビジネスパーソンは、自分からチャンスを奪ってしまうように見える小さな仕事よりも、無限に可能性を広げてくれそうな大きな仕事に携わりたいと考えるのが普通でしょう。

●何に取り組むとよいのか

 しかし、そう考えていながらも、なかなか頭角を現せないと悩んでいる人がいれば、あえて駅伝の一区間で優秀な成績を収めることについて考えてみましょう。