実は記憶力の良い人がやっている記憶術…成績優秀な学生は丸暗記をしない

「Thinkstock」より

●仕事のスピードアップには記憶方法を見直すべし

「働き方改革」を進めようという風潮のなか、短い時間で多くの成果を出すことが我々ビジネスパーソンに求められています。そのためには新しいスキルや知識をスピーディーに身につけなければなりません。しかし、新しいことはなかなか覚えられないし、覚えたと思ってもすぐに忘れてしまうものです。それを年齢のせいにしている人もいるかもしれません。そこで今回は記憶力についてお話をします。

 突然ですが質問です。

 10フィートとは何メートルでしょうか?

 答えは、およそ3メートルです。正確には、1フィートは30.48センチメートルですから、3メートルと4.8センチメートルとなります。1フィートの長さは、皆さんが学校に通っている間のどこかで習ったはずですが、忘れてしまったという方が多いと思います。メートル法が基本の日本ではほとんど使われませんから、それも当然だと思います。

 一方で、仕事や日常生活でフィートを使わない人のなかにも、30.48センチというほど正確でなくとも、30センチくらいという感じで長さを覚えている人がいます。そのなかには、ありとあらゆることを自然に記憶してしまうという、特殊な才能を持っている人もいますが、それ以外の人は、物事を上手に覚える技術を持っているものです。ちなみに、私自身はもともと記憶力がよいとは思いませんが、覚えるべきことを覚えるのは比較的得意なほうだと思っています。

 ものを覚えるにはいろんなアプローチがありますが、たとえば私でしたら、次のように記憶します。

 まずフィートの語源を調べます。すると、英語で足を表すフット(foot)の複数形であることがわかります。フットは足だと言いましたが、英語のレッグ(leg)も日本語では読み方は「あし」、漢字では「脚」です。その違いを知るために、フットが足のどの部位を指すのかを調べると、足首より下にある部分を指すことがわかります。そして足のつま先からかかとまでの長さが、1フット、というわけです。

 ここまでわかればフィートは英語のフットの複数形であり、1フットはだいたい足のかかとからつま先までの長さである、というイメージをもって記憶することができます。私がこのように丁寧に調べるのは、純粋に知らないことをより深く、正しく理解したいという動機からです。しかし結果としてよく覚えられますし、必要な時に記憶から取り出しやすくなるというわけです。

 もちろん、忘れてしまうこともあります。たとえば30.48センチという数字はすぐに忘れてしまいます。それに靴のサイズが30センチという人はなかなかいないでしょうから、自分の足のサイズを頼りに数字を思い出すのも、簡単ではないでしょう。しかし少なくとも1フットは足の大きさであるということを理解していれば、1ミリとか、1メートルなどのように大きく間違うことはないはずです。

 ほかにも、1ポンドが何グラムかなど、いろんな長さ、量、重さの単位があります。これを度量衡と言いますが、度量衡以外にも英単語や歴史の年号など、昔は覚えたけど忘れてしまった知識はたくさんあるはずです。

 そのような知識というのは往々にして、覚えるのが大変だったはずです。そして、なぜ覚えるのが大変だったかといえば、丸暗記をしようとしたからではないでしょうか。

●丸暗記ほど非効率な覚え方はない

 実は丸暗記ほど効率の悪い覚え方はありません。ときどき単語帳や歴史年表で、英単語や年号を覚えようとしている学生を見かけますが、ずいぶん効率の悪いことをしているなと感じます。少なくとも私の知る限り、そのような勉強方法で優秀な成績を取っている学生はいません。優秀な学生が単語帳や歴史年表を使うとすれば、覚えられたかどうか、穴がないかを確認する目的であり、それ自体で覚えようとはしていないのです。