ユニクロ、この夏「買うべき商品3選」

「ファーストリテイリング HP」より

 ビジネスパーソンのなかには、ファッションに気を遣ったり、お金を回したりする余裕に欠けている人も珍しくないだろう。そんな方々の味方になってくれるのが、低予算で全身を手軽にコーディネートできる、ファストファッションブランドだ。

 日本国内の代表的なファストファッションブランドといえば、ユニクロとGUだろう。両ブランドを擁する親会社のファーストリテイリングが4月12日に発表した2018年8月期の第2四半期決算によると、昨年9月1日から今年2月28日までの売上収益は前年同期比16.6%増の1兆1867億円、営業利益は同30.5%増の1704億円と、なかなかの好調ぶり。

 8月31日までの連結業績予想については、売上収益を2兆500億円から2兆1100億円(同13.3%増)に、営業利益を2000億円から2250億円(同27.5%増)に、それぞれ上方修正している。

 特に優秀だったのは、売上収益5074億円(同29.2%増)、営業利益807億円(同65.6%増)の海外ユニクロ事業だ。中華圏や韓国では冬物商品が、東南アジアやオセアニアでは夏物商品が好評だったという。

 また、国内ユニクロ事業も売上収益4936億円(同8.5%増)、営業利益887億円(同29.0%増)と、やはり増益増収。今年は例年にもまして厳しい寒さが続いていたため、ユニクロのヒートテックやダウンにお世話になった方も多いのではないだろうか。

 一方、GU事業も売上収益1058億円(同8.3%増)、営業利益91億円(同23.3%増)で、ユニクロ同様に黒字をマークしている。

 これらの好成績は、ユニクロとGUの商品がこれまで以上に市民権を得ていることの証しだろうが、今回は両ブランドの「買うべき/買ってはいけない商品」を紹介しよう。基準としては、コストパフォーマンスは当然のこと、誰が着てもサマになりやすいかどうかを重要視した。

●ユニクロの買うべき商品3選

 まずは、ファーストリテイリングの主力ブランドであるユニクロ。若者から高齢者まで幅広い世代が着られるような、ベーシックデザインの服の品揃えが強みだ。さほどファッションに関心がなく、定番を押さえられればそれで充分だという層にはうってつけである。

【買うべき商品1:デニムシャツ(長袖)/2990円(税抜、以下同)】

 最初にピックアップするのは、いたって標準的なデニムシャツ。ロープ状に束ねた糸を染料に浸し、空気中で酸化させるという工程を繰り返すことで、落ち着きのあるインディゴカラーを実現している。季節を問わずに着られるだけでなく、大人っぽさとカジュアル感のバランスを取りやすいため、1着持っておけば重宝することは間違いない。柔らかな肌触りも評判だ。

 色はグレー、水色、青の3色展開だが、無難にまとめたいなら、黒いパンツなどと合わせやすい青がおすすめ。第1ボタンまでしっかり留めれば、“今風”の小ぎれいな着こなしに見せることもできる。

【買うべき商品2:デニムジャケット+E/5990円】

 同じデニム生地でもう少し冒険したいなら、5990円の「デニムジャケット+E」もおすすめ(色は青のみ)。こちらはユニクロが、イギリスの著名ファッションデザイナーであるJ.W.アンダーソンとタッグを組んだ商品。縫い目がアシンメトリーになっていたり、右のエルボーパッチに「JW ANDERSON」のロゴが刺繍されていたりと、値段の割に凝ったデザインと品質が楽しめるのだ。

【買うべき商品3:スニーカー+E/3990円】
※画像内の価格(2990円)は期間限定価格

 白か黒のワントーンという潔さがスタイリッシュな、キャンバス素材のスニーカー。元エルメスのファッションデザイナー、クリストフ・ルメールが携わっている「ユニクロユー」の商品だが、奇をてらったデザインというわけではなく王道のローカットモデルだ。

 高熱と圧力を加えることで、スニーカー本体とゴム底を強固に接着させるという「バルカナイズ製法」が用いられており、その作りは頑丈。長時間歩いても疲れにくいよう、靴底には溝が彫られ、踏み返しが楽になっているのも高ポイントである。
(文=A4studio)

※本記事の情報は2018年5月上旬のものです