3000円で「1カ月」飲み放題の居酒屋、店側が儲けられるカラクリ

「gettyimages」より

 定額の「飲み放題」は消費者にとってお得感が高く、今や外食チェーンに欠かせないサービスだ。居酒屋はもちろん、近年はファミリーレストランやファストフードにまで飲み放題サービスが登場している。

 ただし、その内容は当日限りの「2時間飲み放題」などが一般的だ。お得な半面、利用者は元を取ろうとできるだけたくさん飲むことに必死になり、落ち着いて楽しめないという面もある。

 そんななか、業界初の「月額定額制飲み放題」を導入して話題となっている居酒屋チェーンがある。これを額面通りに受け取ると、一定の料金を支払えばひと月にどれだけ飲んでもOKとなり、もう元を取ろうと必死にならなくてもよさそうだ。

 しかし、こんな大サービスをして店は赤字にならないのか。果たして経営は成り立つのだろうか。そこで、全国500店を超える飲食店などが加盟する会員制サポート「増益繁盛クラブゴールド」を運営する、利益倍増アドバイザーのハワード・ジョイマン氏に「月額定額制飲み放題のカラクリ」について聞いた。

●月3000円!2回の来店で元が取れる驚異のコスパ

 最初に「月額定額制飲み放題」の内容を紹介しておこう。

 月額定額制飲み放題を打ち出したのは、全国に約350店舗の飲食店を展開するアンドモワの居酒屋業態30店舗だ。「柚柚」「北六」「酒と和みと肉と野菜」「竹取の隠れ家」「竹取の花しずく」「なごや香」などの店舗で実施される。

 利用者は「ONE MONTH MOWA PACK(ワン・マンス・モワ・パック)」というカードを購入し、期間内なら何度来店しても生ビールを含めたドリンク全250種類が120分間飲み放題になるという。来店回数の制限はなしだ。

 料金は期間に応じて変わり、「1カ月3000円」「2カ月5000円」「3カ月7000円」「6カ月1万3000円」の4種類。割高感はまったくなく、「6カ月1万3000円」なら1カ月あたり約2166円となるので、コストパフォーマンスはかなり高い。

 それどころか、同チェーンの通常の飲み放題サービスは「120分1780円」となっているため、2回の来店で元が取れる計算になる。インターネット上では「店は潰れないのか」「品質が心配」などの声も上がるほど反響が大きい。

 しかし、ジョイマン氏は「いくつかの条件をクリアすれば、店側にも大きなメリットがあるサービスだと思います」と語る。

●月額定額制飲み放題、店側にも多大なメリット?

 ジョイマン氏が言う「条件」とは、まず料理の儲けだ。

 この月額定額制飲み放題サービスでは、利用1回につき料理を2品以上注文することを条件にしている。いくら定額の料金をもらっているとはいえ、利用者がドリンクだけの注文で長時間滞在すれば、店は赤字になってしまうだろう。

「その場合に重要となるのは、お客さんにとって魅力的なメニュー構成です。たとえば、刺身や焼き鳥の盛り合わせなど、飲み会の際に悩まずに頼めるメニューを充実させることができれば、店側は利益をしっかり出すことができるでしょう」(ジョイマン氏)

 もうひとつは、座席数がある大型店限定でこのサービスを導入すること。

「個人で回しているような小規模な居酒屋で月額定額制飲み放題を導入してしまうと、お客さんの回転が悪くなったときのリスクが高くなります。このサービスを行うなら、最低でも30席は必要ではないでしょうか」(同)

 こうした条件を満たすことができれば、月額定額制飲み放題は集客の強力な武器になり得るという。実際、このサービスには広告宣伝費の削減につながるメリットもある。

ピックアップブログ推薦 出版をご希望の方へ

公式連載