50インチが5万円台!格安4Kテレビの意外な落とし穴…購入時のチェックリスト!

ドン・キホーテの店舗(撮影=編集部)

 フルハイビジョンテレビの4倍もの画素数で、きめ細かく美しい映像表現を実現させた「4Kテレビ」。じわじわと広がりつつある4Kテレビ市場のなかで近年特に存在感を増しているのが、ソニーやシャープのような家電製造を本業とする企業以外が打ち出す“格安4Kテレビ”の存在である。

●本業以外の企業が打ち出す4Kテレビのリーズナブルさ

 格安4Kテレビブームの火付け役となったのは、総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」のプライベートブランド「情熱価格PLUS」から、昨年6月に発売された「ULTRAHD TV 4K液晶テレビ」。本製品は発売後、またたく間に完売する人気ぶりで、これまでに発売された第2弾、第3弾を合わせた累計販売台数は2万台以上という大ヒット商品である。

 その反響を受けて本年5月に発売されたのが、第4弾となる「HDR対応 55V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ」だ。高画質技術「HDR(ハイダイナミックレンジ)」に対応した本製品は、5万4800円(税別、以下同)の50型、6万4800円の55型、8万9800円の60型という3モデルがラインナップされている。

 そして、格安4Kテレビを打ち出しているのはドン・キホーテだけではない。レンタル事業を中心にさまざまな事業展開を行うゲオも、4月に4万3800円の「EAST 43V型4K対応液晶テレビ」、共に4万9800円の「EAST 50V型4K対応液晶テレビ」「4K/HDR対応49V型液晶テレビ」という3モデルを発売した。

 そのほかにもさまざまな企業が格安4Kテレビの販売を行っており、家電製造を本業としない企業による格安4Kテレビ市場は、まさに戦国時代といった様相を呈しているのだ。

 50インチクラスの大型4Kテレビとなると、10万円を超える製品が大半を占める。そのため5万円代で50インチの4Kテレビが買えてしまうというのは非常に魅力的ではあるが、それが安かろう悪かろうであっては意味がない。

 果たして格安4Kテレビは買うに値する製品なのだろうか。IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志氏に話を聞いた。

●格安4K、大手メーカー製と棲み分けができている理由

 まず、格安4Kテレビの人気の理由や、ひいては4Kテレビ市場における立ち位置などについて、安蔵氏に聞いた。

「やはり安いことが、1番の人気の理由です。4Kテレビの普及も進み、市場全体を見ても価格は下がってきていますが、そのなかでも群を抜いて安いので、大手メーカー製であることにこだわらない方の購入が増えてきています。また、その安さゆえに大きいサイズを選びやすい、というのも魅力のひとつです。このくらいの価格帯ならワンサイズ上のモデルにも手が届きやすいですし、それこそ大手メーカー製のモデルと同じ値段でもっと大きいサイズが買えるので、お買い得感も高いです。

 かといって、格安4Kテレビの台頭によって大手メーカーが苦戦を強いられる、というわけでもありません。大手メーカーならではのサポートやアフターサービスに対する信頼感は根強いものなので、多少値段が高くても安心して使える大手メーカー製のテレビを選ぶ、という方は多くいます。ですから現在の4Kテレビ市場は、とにかく安い4Kテレビが欲しいという方は格安モデルを、使ううえでの安心感を求める方は大手メーカー製のモデルを購入する、というかたちで棲み分けが生まれています」(安蔵氏)

●低価格ながら高品質なパーツを使っており見劣りしない

 格安であることは魅力だが、肝心なのは性能である。果たして格安4Kテレビの性能はいかがなものだろうか。

ピックアップブログ推薦 出版をご希望の方へ

公式連載