親が子どもに英語ができるようにさせる簡単な方法

京都造形芸術大学副学長の本間正人先生による特別授業

 2020年から、全国の小学校で3年生から英語が必修化、5年生からは教科化され、大学受験も「読む・聞く・話す・書く」の4技能を測るテストに変わる。

 そんななか、親の英語教育への関心も加熱気味だ。子どもには英語を使えるようになってほしいけれど、いったいいつから始めたらいいのか? 何をさせればいいのか? もやもやするばかりという声もよく耳にする。そんな親たちの疑問を解くために、「教育学」を超える「学習学」の提唱者であり、英語学習にも造詣が深い、京都造形芸術大学副学長の本間正人先生による特別授業が行われた。今回はその様子をレポートする。

●英語嫌いが量産される今の英語教育

 冒頭、「英語教育を英語学習にしていきたい」と本間先生。日本の学校教育のなかで、もっともうまくいってない科目といってもいい英語。「あれだけ時間をかけて勉強したのに」と思っている人も多いのでは。

「英語に苦手意識をもってしまう原因のひとつが先生にある」

 そう聞いて、高校時代のぼそぼそとしゃべる英語教師の顔が浮かんだが、そういう人は多いのではないか。残念ながら教え方の下手な先生による受け身の授業によって、苦手意識を植え付けられ、英語嫌いが量産されているというのは事実かもしれません。

 もうひとつの原因が、英語の活用の難しさといわれるが、日本語の活用だってむちゃくちゃ難しいと本間先生。「数の数え方を例にとってみよう」とワークが始まりました。試しに声に出していってみるとよくわかりますが、1から10までの数字を1から数えるか10から数えるかで、4や7の読み方が違ってきます。同じく、鉛筆の本数、宿泊日数など、なんの規則性もなく数え方、読み方が変化する日本語。しかし、私たち日本人は意識せず使い分けることができます。それはなぜか。

 答えは、人間は学習する存在だから。学習能力が先天的に備わっているので、意識しなくても言葉を覚えられるのです。その証拠に、人は日本語圏で育てば日本語を話すようになるし、英語圏なら英語を話すようになる。接触時間が長ければ長いほど早く身につくので、しゃべれるようになるか否かは接触時間の差でしかないのです。

●英語を使えるようになるには2000時間あれば十分

 本間先生によると、0からスタートして、ノンネイティブとして英語を使えるようになるには2000時間あれば十分で、いつから始めても遅くはないそうです。2000時間というのは、日本人の1年間の労働時間とほぼ同じくらい。1日1時間学習すれば5年半で達成するはずと言われて、それならなんとかなりそうな気がしてきました。

 しかし、「中高で6年間英語を勉強しても使えるようにならないから問題になっているのでは」という疑問も湧いてきますが、学校には長期休暇もあるので年間35週しか授業はない。だから、たとえば週4時間英語の授業があったとしても、1年間で140時間。6年間やっても840時間にしかなりません。しかも、授業のほとんどが日本語で行われているから、圧倒的に英語との実接触時間が足りないのです。そもそも学校だけの勉強では英語が上達しないのは当たり前だったのです。

●楽しさがキーワード。家で楽しく学べる3つのゲーム

 そこで活用したいのが、家庭で過ごす時間だけれど、塾に通ったからといって必ず上達するとは限りません。子どもが英語を身に付けるために一番大事なことは、英語をキライにしないこと。そのためには楽しさがキーワードだといいます。

 それなら、やればやるほど英語が上達するゲームソフトなんかがあったらいいのかもしれませんが、そんなソフトがなくても家で気軽にできる英語ゲームを本間先生が紹介してくれました。それが次の3つ。