輸入野菜・果実、国産に比べ著しくビタミン等の栄養成分が少なく…高血圧悪化の危険も

「Gettyimages」より

 日本の食料自給率は先進国最低レベルの38%(カロリーベース)であり、私たちの周りには輸入食品が溢れ、避けることが難しくなっている。

・米:年間76万7000トン輸入。昨年は主食用利用枠いっぱいの10万トンが主食用に振り向けられた。
・小麦:2016年は544万トン輸入、自給率は11.9%。約9割を輸入に依存。
・生鮮および冷蔵野菜:80万トン輸入。そのうち61%が中国産。
・玉ねぎ:27万9000トン輸入。国内流通の20%が輸入玉ねぎ。
・長ねぎ:輸入量は5万5000トンで99%が中国産。
・ごぼう:輸入量は4万9000トンで98%が中国産。国内流通の35%が輸入品。
・にんにく:輸入量は2万トンで93%が中国産。国産にんにくの生産量1万4300トンの1.4倍。
・ブロッコリー:輸入量2万6000トンで90%が米国産。
・人参、かぶ:輸入量9万2000トンで91%が中国産。
・ジャンボピーマン:輸入量4万トンで74%が韓国産。
・冷凍野菜:輸入量は94万トン、中国と米国で75.5%を占める。
・牛肉:輸入量(部分肉ベース)は52万5000トン。国内生産量の1.6倍で、国内流通量の62%が輸入牛肉。
・豚肉:輸入量(枝肉ベース)は125万2000トン。5年間で115%の増加率、国内生産量127万7000トンに匹敵する量。

 このように輸入食品が溢れる実態が、2015年に策定された日本食品標準成分表(7訂版、以下:成分表)に反映されているかが、今、問われている。成分表とは、「食品100グラムあたりのエネルギー、たんぱく質、ビタミン、ミネラルといった栄養成分値を収めた資料。食事の栄養計算や加工食品の栄養成分算出の基礎になり、学校給食や病院食づくり、栄養指導などに使われる」(16年2月3日付朝日新聞より)もので、文部科学省が概ね5年ごとに策定している。

 学校給食や病院食のメニューづくりや栄養指導に欠かせないものだけに、そのデータの正確性が求められる。

●長期間の輸送に伴う栄養成分の劣化

 では、成分表では輸入食品はどれだけ扱われているのか。調べてみると、輸入小麦、輸入大豆(米国産、中国産、ブラジル産)、中国栗(甘栗)、ブラジルナッツ、オレンジバレンシア(米国産)、さくらんぼ(米国産)、輸入牛肉と、わずか7品目にとどまっている。

 実は、これでも前進である。2000年に発表された成分表(5訂版)では、輸入品と国産品との相違を明らかにすることを目的としていないとして、輸入食品の扱いは一切なかった。15年間でやっと7品目が掲載されることになったのである。
 
 しかし、輸入食品には、明らかに国産品と栄養成分が異なっているものがある。それは、成分表(5訂版)を策定する際に使用した食品成分表基礎データで裏付けられている。

(1)ビタミンC含有量

・アスパラガス:国産(5試料)ではビタミンC(mg)が24.9、21.4、20.4、15.0、10.0であるのに対して、輸入(3試料)では15.5、9.5、6.9となっている。明らかに国産品のほうが含有量は多い。
・枝豆:国産(4試料)ではビタミンC(mg)が33.3、32.4、32.0、27.1であるのに対して、輸入(2試料)では22.5、12.7となっている。
・さやえんどう:国産(3試料)ではビタミンC(mg)が81.0、76.1、62.6であるのに対して、輸入(3試料)では54.4、46.8、41.7となっている。
・にんにく:国産(3試料)ではビタミンC(mg)が17.3、17.1、10.1であるのに対して、輸入(3試料)では6.5、6.5、4.6となっている。
・ブロッコリー:国産(3試料)ではビタミンC(mg)が173、171、99.9であるのに対して、輸入(3試料)では103、100、85.5である。