「8割の女性が管理職になりたくない=成長意欲ない」は完全にピントがズレている

「Gettyimages」より

 日本経済新聞が今年はじめに公開した「働く女性2000人意識調査」の結果で、「管理職になりたい」と答えた女性は2割にとどまる、とありました。そして、女性に「いかに成長意欲をもってもらうか」が課題と出ていました(※1)。

 これは、「管理職になりたい=成長意欲がある」「管理職になりたくない=成長意欲がない」という判断がなされていることを意味しています。はたして、この判断やそこから導き出された課題設定は、的を射たものなのでしょうか。8割の女性が「管理職になりたい」と答えなかった本当の理由はなんなのでしょうか。

 女性管理職の比率を上げる努力をしている企業で、よく聞くのは、男性の上司が管理職候補の女性に打診をしても、「私なんかに、管理職は務まりません。無理です」と辞退されてしまうケースです。

 この発言を、どう解釈したらいいでしょうか?

●「思い込み」を捨てる

 筆者は人事が専門ではありませんし、働き方改革などに取り組んでいるわけでもありません。マーケティングが専門です。しかし、マーケティング戦略を立案する段階で、さまざまな消費者調査をします。今回の例でいえば、「管理職になりたい 20%」というような定量調査の結果や、定性調査での「私には管理職は務まりません、無理です」といったインタビュー結果を得るわけですが、マーケティングでは、ここからが勝負です。

 彼女たちの答えに隠されている、彼女たちが言葉にしていない本当の気持ち(=インサイト)はなんなのか。それを突き止めて初めて、効果的なマーケティング施策ができるのです。

 では、彼女たちの、これらの数字や発言を、どう解釈すればいいでしょうか? もっとも注意すべきは、自分の価値観や思い込みで解釈しがちだということです。このケースでは、男性管理職が性別も年齢もライフステージも違う女性社員の気持ちを解釈することになるので、なおさら注意が必要です。

 管理職の男性が抱きがちな“思い込み”、その1。「偉くならないより、偉くなるほうがいいに決まっている」と無意識のうちに思っている人が多いのではないでしょうか。そして、部下の女性も同じように思っていると思いがちです。しかし、女性は、男性のように「人の上に立つ」とか「ボスになる」ことにあまり価値を感じない人も多いでしょう。

 その2は、「個人的なことより、仕事を優先するのが当たり前」という思い込みです。男性の既婚者の場合でいえば、家族が大事と言いながらも、目の前の仕事で一大事があれば、それを優先するのが当たり前だと思っている人が大半なのではないでしょうか。この思い込みは、自分の思考や判断の“前提”になっているので、態度や言葉の端々に出てきます。なので、本人に自覚がなかったとしても、他者にはすぐわかります。

 こういう“前提”を敏感に感じ取るのが、女性。管理職になったら、どういう事態が起きるか、瞬時に想像できてしまいます。例えば、子育て期の女性であれば、「管理職になったら、トラブルが起きているのに、定時退社して保育園にお迎えに行くのは無理だな」というように。

●管理職候補の女性に「なりきって」、気持ちも解決策も考える

 改めて、「管理職になりたい 20%」「私なんかに、管理職は務まりません。無理です」という調査結果を解釈してみましょう。

 彼女らは決して仕事に対する意欲、成長への意欲がないというわけではありません。実のところ、管理職としての自分の能力に、自信が持てないというわけでもないでしょう。管理職になることによって、「すべてを仕事のために捧げる」という状況を、今は受け入れがたいということです。