大人向け粉ミルク、爆発的ヒットの理由…味・栄養価・使い勝手すべて“良し”

森永乳業『ミルク生活』(「森永乳業 HP」より)

 粉ミルクに対して、「赤ちゃんが飲むもの」という印象を持っているのが一般的だろう。しかし近年、大人向けの粉ミルクが人気を博していることをご存じだろうか。

 最初に「大人向け」と銘打った粉ミルク商品が販売されたのは、2014年のこと。強心剤の「救心」で知られる救心製薬が発売した「大人の粉ミルク」が草分け的存在だとされており、その後2016年には森永乳業、2017年には雪印ビーンスタークといった育児用粉ミルク大手メーカーが、続々と市場への参入を果たしている。

 驚異的なのが、その市場の成長率だ。大人向け粉ミルクの販売実績データを見ると、2017年10月以降は毎月、前年を超える販売実績をたたき出しており、18年6月などは、前年比92%増という大きな伸び率を見せている。

 大人向け粉ミルクは、今まさに注目を集めている存在なわけだが、「そもそも大人向け粉ミルクとは一体なんなのか」「粉ミルクに大人向け、子供向けがあるのか」などと疑問を抱く方も多いのではないだろうか。そこで今回は、森永乳業に、その特徴や開発の経緯などを伺った。

●製法はそのままに、普段の食生活で不足しがちな栄養素をプラス

 そもそも、大人向け粉ミルクは育児用粉ミルクと何が違うのだろう。

「育児用粉ミルクは、なんらかの事情で母乳が与えられないとき、代わりに使用できるように調整された母乳代替食品です。当然、栄養素などの成分も、母乳以外で乳児の栄養源の中心となる育児用に配合されています。ですから弊社の大人向け粉ミルクは、カルシウムや鉄、11種類のビタミンといった普段の食生活で不足しがちとされる栄養素を、バランスよく含むよう調整し、さらに弊社独自の機能性素材『ラクトフェリン』『ビフィズス菌BB536』『シールド乳酸菌』を配合することで、大人の方の健康をサポートできるような商品となっております。

 現在弊社がリリースしているのは『ミルク生活』と『ミルク生活プラス』の2商品で、『ミルク生活』の方は20gでカルシウムを150mg、『ミルク生活プラス』のほうは20gでカルシウムを220mgと、タンパク質を3.5g摂取することが可能となっています。また、お客様からのご要望にお応えして、本年10月15日からは、20gずつに小分けされたスティックタイプの販売も開始しました」(森永乳業 広報担当)

 粉ミルクとはいっても、どちらかというとサプリメントや健康食品に近いイメージなのだろうか。しかし、例えばカルシウムやたんぱく質の摂取であれば、それこそ液体の牛乳でも事足りるだろう。粉ミルクならではのメリットとは、一体どのようなものがあるのだろうか。

「まず、賞味期限が長く管理もしやすいため、保存性に優れている点が挙げられます。また、粉末であるため、その日の体調や好みに合わせて、分量や濃さを調整できる点もメリットといえるでしょう。弊社の大人向け粉ミルクは味にもこだわっており、さっぱりとしつつほのかな甘みのある、牛乳の味が苦手な方でも飲みやすい味にしてあります。ですから牛乳が飲めない方だけでなく、牛乳を普段飲まないという方にもおすすめです」(同)

●きっかけとなったのは“隠れ育児用粉ミルクユーザー”の存在

 需要が高まっているのも納得だろう。しかし、本来赤ちゃんの飲み物である粉ミルクを、あえて大人向けにリファインして販売しようと思い至った理由は一体なんなのだろうか。

「商品開発のきっかけとなったのは、『赤ちゃんは粉ミルクを飲んで育っているのだから、大人が飲んでも体にいいのだろう』と考え、健康目的で育児用粉ミルクを飲用していたお客様の存在です。実は以前からそういったお客様からのお声や、『大人が育児用粉ミルクを飲んでも平気か』というお問い合わせはいただいていたのですが、近年は特に増加傾向にありました。弊社には、およそ100年粉ミルクを販売してきた歴史がございますが、ここにきて、お客様から新たな粉ミルクの価値を教えていただいたと思っております。