新1万円札の顔・渋沢栄一、みずほ銀行や一橋大学をつくっても、渋沢財閥をつくらなかった理由

発表された新紙幣の1万円札(写真:毎日新聞社/アフロ)

 政府は5年後をめどに、1万円札、5000円札、1000円札の紙幣のデザインを一新する。1万円札は、40年ぶりに福沢諭吉から「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一に主役が交代する。

 東京都中央区日本橋兜町は、東京証券取引所など金融・証券関連企業がひしめく日本の金融の中心地だ。その一角、現在のみずほ銀行兜町支店の外壁に「銀行発祥の地」と銘打つプレートがはめ込まれている。日本初の銀行である第一国立銀行が設立された地だ。渋沢は第一国立銀行(現みずほ銀行)や事業会社など約500社の設立や経営に関与した。

 渋沢は1840(天保11)年、現在の埼玉県深谷市の養蚕を営む豪農の家に生まれた。若くして尊皇攘夷運動に加わる。横浜の外国人居留地を襲撃する計画を立てたが、従兄弟の諌止によって未遂に終わった。

 渋沢は京都に逃れ、一橋家の用人の斡旋で一橋家の家臣となる。年貢米や木綿の販路を開拓。藩札の整理など一橋家の財政の改革で実力を発揮。一橋慶喜(よしのぶ)の信用を得て、仕官2年後に同家の財政を担当する御勘定組頭となる。異例の大抜擢であった。

 1866(慶応2)年、一橋慶喜は15代将軍となり、渋沢も幕臣となる。しかし、倒幕運動に参加したことがあったことから、幕臣であることに煩悶。身を退く決意をする。

 またしても人生の転機が訪れる。27歳のとき、パリで開かれる万国博覧会の幕府使節として将軍・慶喜の弟、徳川昭武(あきたけ)に随行するよう命じられた。御勘定を担当する随員だった。

 1867(慶応3)年、横浜を出発した一行は、フランス、イギリス、ドイツ、オランダ、ベルギーなどを巡歴した。フランスへ向かう途中、列強の植民地となったアジア各地を船で巡りながら、スエズ運河の開削工事を見た渋沢は衝撃を受けた。国家の規模をはるかに超えた大事業をどうやってなしとげるのかについて考えた。

 解答は近代ヨーロッパの経済を成り立たせている、あるシステムにあった。それは銀行のシステムだ。銀行が個人から資金を集め、それをまとめて貸し出すことで、新しい会社の事業の資金となる。貸し出し(融資)から得られる利益によって、さらなる大規模事業への出資が可能になり、その利益が人々に還元される。このことをフランスで学んだ渋沢は、この仕組みを「合本主義」と名付けた。

●最初のビジネスは第一国立銀行への関与

 1868(慶応4)年、幕府は瓦解。王政復古の知らせを受けて渋沢は急遽、帰国する。翌69年、まず静岡で金融と商社機能を持つ、「商法会所」という、今でいうところの「会社」を立ち上げた。

 同年、大隈重信大蔵大丞に招かれ、大蔵省に出仕して租税正となる。71年、大隈が参議となり、井上馨が入れ替わって大蔵大丞となる。渋沢は井上とタッグを組み、貨幣・金融・財政制度の改革にあたる。近代貨幣制度の発足にかかわったということだ。

 国立銀行条例の制定、合本企業制度は、いずれも渋沢の発案によるものだ。

 1873(明治6)年、予算編成をめぐって大久保利通と対立、渋沢は井上とともに大蔵省を辞し、野に下った。

 官を辞した渋沢の最初の仕事は、官僚時代に設立を指導していた第一国立銀行への関与だった。第一国立銀行は渋沢が退官した73年に、三井組と小野組の共同出資で設立され、渋沢は総監役についた。しかし、三井組・小野組の両組の折り合いが悪く、75年に渋沢が頭取となり、これ以降、同行に君臨。同行は「合本主義」を推進する経済活動の母胎となった。

 渋沢は次々と多くの会社を設立する。抄紙会社(現・王子製紙、日本製紙)、東京株式取引所(現・日本取引所)、東京海上保険(現・東京海上日動火災保険)、大阪紡績(現・東洋紡)、東京瓦斯(現・東京ガス)、ジャパン・ブルワリー(現・キリンビール)、有限責任東京ホテル会社(現・帝国ホテル)、札幌麦酒会社(現・サッポロビール)、明治製糖(現・大日本明治製糖)、田園都市(現・東京急行電鉄、東急不動産)など、枚挙にいとまがない。そんな渋沢が唯一、自分の名前を冠したのが澁澤倉庫(現在も澁澤倉庫)。生涯に関係した会社は500社を超えるといわれている。