“逆差別”に苦しむ独身女性社員たち…子持ち社員のせいで業務負荷集中、感謝もされず

「Gettyimages」より

「こんなの逆差別よ!」

 産業医面談にやってきた女性社員Sさんが、涙ながらに叫びます。外資系の保険会社での出来事でした。Sさんは独身の31歳。3カ月前に、5年間付き合った彼と別れたばかりです。

 そもそも、「逆差別」とはどういう意味なのでしょうか。Wikipediaによれば、「逆差別(ぎゃくさべつ、英語:reverse discrimination)とは、差別を是正し撤廃しようとする過程において、差別されて来た集団(主に社会的弱者)を優遇することにより、優遇されて来た集団の待遇・利益・公平感が損なわれることで生じる差別である」とされています。

 たとえば大学の入学試験において、これまで差別されてきたアフリカ系の学生のために特別枠を設け、結果としてそれ以外の学生が入学できる枠を減らし、これを人種間の平等だと称するとすれば、これはアフリカ系以外の学生に対する逆差別だと言いうることになります。Sさんの言うところの「逆差別」は、どうやらこれとは少し違う意味であるようです。

 彼女いわく、上司が夜も週末も構わず、彼女にだけ余計に仕事を振ってくるのだそうです。彼女のチームは全部で5人いて、彼女以外は男女含めすべて既婚者です。海外とのやり取りも多い部署であることから、昼夜を問わず電話会議が行われたりすることはよくあります。

 3日ほど前にも、彼女が会社の別の部署の人と食事をしていて、そろそろ帰ろうと思って店から出た夜10時に、明日朝の締切りで作業を依頼する電話が上司からかかってきました。「子育て中の人には振れないから、よろしく頼むよ」と言われれば仕方がないので、やることになるわけですが、こんなことが一度ならまだしも頻繁に起こり、そのうえ上司も周囲も特に彼女に感謝をしている感じでもなく、なぜか気づいたらいつの間にかいろいろ彼女がやることになってしまっている状況はどうしても納得できません。

 子育て中の女性を保護するために、未婚者である彼女が割を食って多くの仕事を引き受けざるを得ない状況を、彼女は「逆差別」だと言っているようです。

●独身女性は「逆差別」で損をする

 Sさんは続けます。チーム内の雑談は子育ての話ばかりで、なんか仲間外れにされているような気がします。彼女自身、今は自分のキャリア構築のために仕事をがんばろうと心に決めているのですが、面と向かって「独身って時間がたくさんあっていいわね」とか「早く子供を産まないとまずいんじゃないの」などとひどいことを言われることもあって、気がめいります。

 2017年に実施されたとあるネットニュースによる調査によれば、「独身であることに関して嫌味を言われたことがある」と答えた人の割合が最も高かった年齢層は30代で、その割合は3割以上でした。具体的には、「自由な時間があっていいわね」(=だったらその分仕事ができるでしょ、という意味)などと言われるケースがあるようです。

 ひとたび結婚すれば、とりわけ子供ができれば、独身時代と比べて時間的や経済的にいろいろな制約ができてくるのは事実です。その一方で、業務上のしわ寄せが独身者に行き、長期出張や時間外の緊急対応に動員されやすくなるような状況があれば、当然のことながら不公平感につながります。

 必ずしも感謝されていないのにもかかわらず業務負担の不公平感が大きいこと、またいわば「独身者ハラスメント」ともいうべき仕打ちを受けて、Sさんは、仕事に集中できないことがだんだんと増えてきました。自宅でもやけ食いをしてみたり、こんな状態の自分を責めて悶々と考えこんでしまい、眠れないことが増えてきました。こうなってくると、もはや軽い抑うつ状態に入ってしまっています。