吉田カバン、圧倒的使いやすさの裏に、あらゆるシーンで気の遠くなるほど使用検証→改良

2017年春夏の新商品「ポーター ディライト」シリーズ

 新年度を迎え、オフィス街には真新しいスーツに身を包んだフレッシャーズの姿が目につくようになった。そんな姿を見て、社会人生活が長くなった人も、かつての自分と重ね合わせたりするかもしれない。

 人事異動や転勤もある4月は、1月と並んで気持ちを新たにする時期でもある。この機会にカバンを買い替える人も多く、カバンの売れゆきは12月、4月、3月の順に多いという。

 そこで今回は、今どきのカバン選びについて考察したい。指南してもらったのはビジネスパーソンに人気の高い「吉田カバン」。正式な社名は株式会社吉田(正式表記は「吉」の上の部分が「土」)といい、創業82年を迎えた老舗だ。同社の近年の業績は右肩上がりとなっており、2016年5月期は過去最高の約230万本のカバンを出荷したという。

●カバンに求められる「役割」

 まずは、カバンに何を入れるかを検討したい。人によって異なるが、たとえば財布や定期入れ、モバイル機器、資料ファイルなどは必ず携行する人も多いだろう。それ以外に、図書を入れる人もいれば、突然の天候変化に合わせて折り畳み傘を常備したり、夏場が近づくと熱中症対策でペットボトル飲料も必携となってくる。昔に比べると、荷物が増えているといえる。

 どんなカバンを選ぶかは個人の好みだが、吉田カバンには製作哲学がある。

「当社の開発理念は、腕利きのカバン職人だった創業者・吉田吉蔵の考えである『カバンは物を運ぶ道具でなければならない』というのが基本にあります。そのため、デザイン性だけの意味のないポケットなどはつけません」と、同社広報部兼プロダクトマーケティング部マネージャーの阿部貴弘氏は話し、こう続ける。

「お客さまが吉田カバンに求める機能としては、たとえばノートパソコンやタブレット端末がきちんと収納できるかを気にする人が多いです。少し前は重要なデータの流出を防ぐため、パソコンなどを持ち出し禁止にした会社もありましたが、オフィスを離れても仕事ができる利便性は無視できず、緩和されてきたように感じます」

 スマートフォン(スマホ)1台でほとんどのことができる時代とはいえ、紛失リスクや画面の見やすさの巧拙もあり、すべてスマホで済ませるわけにはいかない。また、前述した気候変動や夏の高温化もある。昔から、雨の多い北陸地方や山陰地方では傘が必需品といわれ「弁当忘れても傘忘れるな」という格言があるが、いまや全国各地で傘が手放せない日が増えたように思う。

 そうなると、カバンに求められるのは、カバン自体の軽さや防水性、そして男性用では収納箇所や間仕切りの多さだ。たとえば、吉田カバンのロングセラーブランドに「タンカー」シリーズがある。1983年に同社の看板ブランド「ポーター(PORTER)」の1シリーズとして発売されたカバンで、持ってみると大変軽い。もともと、米空軍が使用していたフライトジャケット「MA-1」をモチーフにした、中綿入りで弾力性に富む生地が使われている。現在は、シリーズ全体で年間約30万本を生産する大ベストセラーだ。

 このカバンが人気となって以来、カバンの主流が変わったという声もある。たとえば、昭和時代は革カバンが人気だった。昔のカバンは、旅行や帰省など特別な時に使うことが多く、見た目やステータスを重視する一面もあったからだ。現在のカバンの多くは、通勤時など普段使いで利用し、革よりも軽い布製が主流になっている。

●使い勝手としての「ストレスの少なさ」

 先ほど「男性の場合は収納箇所の多さ」と記したのは、男性と女性では小物の入れ方が異なる場合も多いからだ。たとえば財布は、男性はカバンのポケットに収納する人が多いが、女性はカバンの中に平らに置き、上からハンカチなどを置く人もいる。