「姫さま、閨の練習をいたしましょう」

ラブコメの短編を書いてみたくなり、掲載しました。
最初のアイディアは、妖精姫と夫君の辺境伯と犬耳の従者とのアブノーマルなお話だったのですが。
(もしかしたら番外編で、辺境伯が出て来るお話を書くかも?)

真紅の薔薇城がシリアスだったので、反動で頭からっぽにして読めるお話に挑戦したくなりました。
書いてみるとラブコメの短編も難しいものだなあと思った次第です。
コメント 0
登録日 2020.04.23 22:01

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0