マチバリ

マチバリ

性癖の闇鍋作家。なんでも書くしなんでも読みます。特に注意書はしないタイプ。感想のお返事もあまりしません。

廃棄巫女の私が聖女!? あとがき


無事に白き巫女編も完結しました。

本当にプロットやオチ、設定等を考えずに直接書いたため、粗も多く、回収漏れの設定が無いか非常にドキドキはしておりますが、アイリスとジュオルノの物語はいったんここで終わりです。

約17万字にもなる長編に仕上がってしまいましたが、書き始めてやく1ヶ月で仕上げる事が出来チャレンジ作品としてはとても良い経験になりました。
ざまぁとは何か?復讐とは?本当に人を大事にするって何?子供への愛って?みたいな最後は哲学みたいなことになってしまいましたが、書き始めた当初は構想もしていなかったので、創作って不思議ですね。
少しでも誰かが楽しんでいただけたのなら嬉しいです。


この作品、途中から二つのサイトで同時に投稿をしていたのですが、感想欄のご意見がそれぞれすごく面白くて刺激的な体験となりました。。
特にざまぁな部分というか女神の報復に関してはご意見が全く違ってて驚きました。
誤字報告や違和感の指摘など、色々助かりました。
ありがとうございます。



本編中に登場した花の名前の女の子たちについては少し番外編を考えていますので、もしかしたらいつか書くかもしれません。

あとジャムおばさんの名前は当初コメディ路線で考えていたため、ネタに走ってしまいました。ちょっと反省しています(笑)
もし何か機会があれば修正するかもしれませんが、笑ってくれたらうれしいです。
登録日 2020.06.27 17:13

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

1
2020.06.27 17:19
佳月

まちばり様連載お疲れ様でした。
アイリスの教会からの逃走から始まり、ジュオルノに出会い、残念イケメンなジュオルノの頑張ってるのに報われない感がハマりにハマって追いかけてました。
親からの思いとか、恋愛の歪さ、純粋さ色々な角度から読めたのも楽しかったです。
また一気に読み直したいと思います。
手元に書籍で残したい!!
また番外編等楽しみにしております。
ありがとうございました!

1