橘 凛恩

橘 凛恩

橘 凛恩(たちばな・りおん)と申します。どうぞよろしくお願い致します†

姫兄様・紫苑先輩の物語『世界の片隅で、書庫に眠るは麗しの君』【BL・18禁】を更新致しました†

西条 「紫苑先輩」

紫苑先輩 「……ん? どうした、西条……?」

西条 「最近気付いたんすけど、先輩、本当は柊先輩以外にも愛人か何かいるでしょ?」

紫苑先輩 「……なッ、何を言って……そ、そんな訳、あ、ある訳なかろうがッ……⁉」

西条 「ふふッ、隠さなくても、俺知ってるんすよ……紫苑先輩♪」

紫苑先輩 「……何も、隠してなんかッ……」

西条 「人間じゃあないっすものね……特殊枠で、数の内になんか入らないかぁ……」

紫苑先輩 「……えッ……⁉」

西条 「俺、最近視えるようになっちゃったんすよね……シヲンちゃんにそっくりな幽霊が」

紫苑先輩 「幽霊なんかじゃない‼」

西条 「あれぇ? じゃあ、幽霊でなければ、何なんすかね? やっぱりいるって、認めちゃいましたね♡」

紫苑先輩 「……あッ……‼」

西条 「最近また柊先輩が仕事で忙しくなってきたから、紫苑先輩寂しいんじゃないかと思ってたんすけど……」

紫苑先輩 「……………………」

西条 「やたらお肌も艶々してて、おかしいなぁ、とは思ってたんすよね……」

紫苑先輩 「…………(赤面)…………」

西条 「まぁ、柊先輩は全ッ然気付いてないみたいっすけど――あの人、意外に鈍感だからなぁ……でも、まさか天空夫がいるなんて、ねぇ……?」

紫苑先輩 「…………くッ、何処まで知っている…………⁉」

西条 「色々知ってるっすよ――シヲンちゃんが教えてくれるから♪ 先輩がぁ、イケナイ遊びで感じちゃう♡って事も、ね†」

紫苑先輩 「…………(絶句)…………」

西条 「あッ、早速今日も上の旦那様がおでまし†っすね~♪ じゃあ、彼に俺も会わせてくれますよね、紫苑先~輩♡」
コメント 0
登録日 2021.02.08 13:44

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0