橘 凛恩

橘 凛恩

橘 凛恩(たちばな・りおん)と申します。どうぞよろしくお願い致します†

姫兄様・紫苑先輩の物語『世界の片隅で、書庫に眠るは麗しの君』【BL・18禁】を更新致しました† キャプション < 後編 >

西条 「……あ、れぇ……?」

紫苑先輩 「……今度はどうしたんだ、西条……」

西条 「紫ちゃんはソファーの上で丸まって寝ちゃったようなんすけど、先輩の後ろから見た事のない小さな東洋龍が2匹、今左右から顔出してこっちをガン見してるんすよね……あの子達、誰ッ⁉」

紫苑先輩 「……東洋龍……2匹……?」

西条 「雪のように真っ白な子と、虹色に輝いてる子が……あッ、先輩の腰に巻き付いて、こっち威嚇してきた……なんで、どうしてッ⁉」

紫苑先輩 (……とりあえず、知らぬ存ぜぬでしらを切るか……追及されると、後々面倒臭いしな……)

西条 「……先輩……?」

紫苑先輩 「――あッ、あぁ……私には視えないが、あちらに居た分、色んな龍に好かれてしまうのかもな……」

西条 「いいなぁ……俺も龍のお友達沢山欲しい……なぁ、空海……」

空海 「アン‼」

西条 「でも、シヲンちゃんの方にもっと会いたい……」

紫苑先輩 「……そうゆう恨めし気な目で私を見ているのが、懐いて貰えぬそもそもの原因なのではないか……」

西条 「でも、でも、やっぱりシヲンちゃんに会いたいっすよぅぅッッ(ノД`)・゜・。」

紫苑先輩 「…………むぅぅ…………」
コメント 0
登録日 2021.03.09 03:51

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0