絵馬堂双子

絵馬堂双子

絶滅危惧種の心霊ホラー作家。

「アナベル」を観た

映画「アナベル 死霊人形の誕生」を観てきました。

予告編で美味しいシーンはだいたい見ちゃった感じで、どうしよっかなあ~~、と迷いつつ。

__監督が「ライト/オフ」の人? ああ、予告は見たな。なになに、元々YouTubeのショートフィルムで、これを見たジェームズ・ワン監督(「死霊館」)のプロデュースで長編化したもの、とな。あ、ショートフィルム(Lights Out - Who's There Film Challenge(2013))は見られるんだ、ポチッとな。

・・・・・

・・・・・

・・・・・ギャーッ!!!

面白ーい! よし、この監督なら期待出来るぞ!

ということで観てきました。結果、

いやあ……… 面白かったあああ…………怖くって。

ホラー映画を映画館で観たのは久しぶりだったけど、やっぱり真っ暗な中で、うんと集中して観るのは入り込み度が違いますね。

人形怖い。女の子がキャーキャー気持ちいい。お化け屋敷ホラー大好き。

「アナベル」は実在する呪いの人形をモデルにした物語、というわけで、劇中、本物(?)の「アナベル人形」も出演してます。呪われないようにご注意を。


やるときゃやるぜ! と容赦ないんですが、終わってみると、無駄に暴力的であったり残虐であったりというところはなく、娯楽映画としての品の良さを感じます。
思いっきり怖がって、ビビりまくって、悲鳴を上げて大騒ぎして、……出てきた時には
「怖かったねー」
と笑ってしまう、まさにお化け屋敷の爽快感もありました。

いやあ…、本当にいいホラー体験をさせてもらいました。


こんなホラーが大好きな作者です。
コメント 0
登録日 2017.10.24 19:21

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0