谷崎文音

谷崎文音

R18を含む恋愛小説をあちこちで公開しております。

2018年を振り返る(はやい

いつも拙作をお読みいただきありがとうございます。
三週間後は2019年・・・ですね。
自分が受賞したコンテストの今年度の開催告知を見て「あれから、もう一年経ったんだなあ」と感じております。

2018年は、他投稿サイトで開催されていたTL系(現代物)コンテストの読者投票から始まりました。
こちらでも公開している「イヴのめざめ」という作品で、銀賞のような賞と読者賞をいただきまして、それ以降は連載ものと個人企画用の作品を書いておりました。そうこうしている間に、そのコンテストの次回の告知がされまして、いろいろなことを思ってしまったのです。

レーベル共催のコンテストですから、そのレーベルの「色」を意識しなければなりません。
私は土壇場でそれができなくて、だから結果は当然のことというか、レーベルカラーを意識することを捨てたのによく受賞できたなwと今でも思っております。

教訓(大事なことだから二度言う)
レーベル共催のコンテストですから、そのレーベルの「色」を意識しなければなりません

ツイッターでそのコンテストの過去作をツイートしておりますので、コンテストに出てみようかなという方が居ましたら、作品を見比べてみていただけると嬉しいです。

現代もののコンテストの他にもファンタジー系のコンテストも告知がされました。
昨年までは両方とも他投稿サイトでの公開→審査→結果発表でしたが、今年から変更になっております。
現代ものはレーベルのHPの専用ページから、ファンタジー系は利用していたサイトが変わり、そちらでの公開が必要です。

コンテストに参加しないと書けないものもあります。事実、私はこのコンテストに参加したから、「イヴ」を書けましたので。そして自信にも繋がりました。

TLというジャンルが求めているもの、レーベルが求めているのもをよく考えながら、挑戦してみてはいかがでしょうか。

谷崎文音拝
コメント 0
登録日 2018.12.11 12:40

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0