メールマガジン

若林浩樹のデジカメ写真教室

デジカメで写真を上手に撮るコツを、毎回テーマを決めて、分かりやすく紹介いたします。
発行者名 若林浩樹
発行部数493部
発行周期毎週火曜日発行
カテゴリ 詩・写真
バックナンバー すべて公開

ログインするとメールマガジンを購読できます。

ログイン 新規ユーザ登録
若林浩樹のデジカメ写真教室----------------Vol.01 2004.01.06



■01■■■■イルミネーションを撮る■■■■■■■■■■■■■



冬の街を彩るイルミネーション。
その場の雰囲気を伝えるような写真、撮れるでしょうか。
明るすぎたり暗すぎたり・・・
失敗の原因はストロボの自動発光とブレがほとんど。
今回はそこをチェック!


イルミネーションをきれいに撮るポイントは

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   ストロボオフ そしてブレない工夫

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



★★今回覚えたい操作

ストロボ発光をオフ(発光禁止)にします。
ストロボボタンを押すと何種類かのストロボ発光を選べるので
下向きの矢印が円で囲まれたマークを選びます。

参考までにストロボ発光モードの種類は
 ○オート:通常はこの状態。周囲が暗いと自動発光。
 ○赤目緩和:目のイラストマーク。目が赤くなるのを軽減。
 ○オン:下向きの矢印マーク。状況に関わらず常に発光。
 ○オフ:丸で囲まれた矢印マーク。暗くても発光しない。

 一度カメラのユーザーガイド(取扱い説明書)で
 確認してみましょう。
 


★★撮影してみよう

○イルミネーションを主役に撮る時はストロボをオフにします。

 なぜでしょう?
 イルミネーションは自ら光を放っています。
 その光が綺麗なのですから、わざわざストロボで光を当てる
 必要はないのです。
 もしストロボが発光するとどう写るかというと
 光っている部分以外(コードや電球ソケット)が
 ストロボ光に照らされて明るく写り
 肝心のイルミネーションが目立たなくなってしまいます。

 →ストロボが発光してしまった sample1
 →ストロボをオフにして撮影  sample2

作例画像はこちらをご覧下さい
http://www.woodnote.jp/mailmaga/vol01/sample.html


○撮影モードはオートまたはプログラム。
 ※撮影モードのオートとストロボモードのオートは違います。

○できるだけ画面全体にイルミネーションが配置されるのが
 いいでしょう。光のない暗い部分は、実際に目で見てると
 気になりませんが、写真にすると真っ黒に写り、
 多いと淋しい感じになってしまいます。
 イルミネーション全体を撮るよりも、部分的に切り撮ること
 も光を賑やかに見せるコツです。

 →sample3



★★ここに注意!

○ストロボをオフにするとシャッターが開いている時間
 (シャッタースピード)が長くなり、カメラを持っている手が
 動くと、ブレた写真になってしまいます。
 もし【三脚】があれば使いましょう。

○また寄り掛かれるところがあれば、身体を固定して撮ったり
 カメラをおける場所があれば利用しましょう。



★★知っておくと便利!こんなこと

○三脚を使ったり、どこかにカメラを置いて撮る時は
 手でシャッターを押すのではなく
【リモコンを使う】とブレるのをより防ぐことができます。

○イルミネーションだからといって、
 真っ暗になってからではなく 空にまだ明るさが残っている
 時間帯に撮ると空が綺麗な色で写ります。
 撮影ベストタイムは日没30分後。

 →sample4



☆☆おまけアドバイス 【デジカメ機種選び その1】

 持ち歩くことを考慮に入れて大きさや重さをチェックするのは
 当然ですが、1回の充電で撮影できる枚数も重要なポイント。
 コンパクトな機種ほどバッテリーも小型で、撮影枚数も少なめ。
 そこも含めて大きさ選びをしてみてください。
 旅行での撮影が多い人は充電器が思わぬお荷物になることも。
 バッテリーや充電器のサイズチェックもお忘れなく。



========================================================

**ニセコから**

 メルマガデジカメ教室スタートしました。基本を覚えてから
 さあ撮りましょうではなくて、いきなり実践スタイル。
 普段カメラを持ち歩いていて遭遇する状況を
 ひとつずつとり上げて、大事なポイントを解説します。
 説明書読んでも操作方法がわからないこと多いですからね。
 私が今までやってきた一眼レフ写真教室やテレビで放映中の
 初心者向け教室、雑誌連載、それから学生や会社員時代の
 専門だった光学知識をうまく結びつけて、的確でわかりやすい
 ものにしていくつもりです。
 ニセコは私がこのエリアに住んでからいちばんの少雪暖冬。
 除雪や車の運転など楽なことも多いのですが
 写真を撮ることではやはり雪が少ないのは淋しいですね。
 今年が皆様にとって良い年になりますように。

--------------------------------------------------------

写真集『SNOW FILMS -心象雪景-』発売されました。
私の撮影メインテーマ『雪』をまとめた自信作です。
http://www.woodnote.jp/snowfilms/index.html

======================================================== 


次号 Vol.02 は01/13(火)配信予定です。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



メールマガジン 若林浩樹のデジカメ写真教室
発行者:若林浩樹 post@woodnote.jp
ニセコフォトギャラリー http://www.woodnote.jp

Copyright 2004 Hiroki Wakabayashi, all rights reserved.