メールマガジン

Weekly Swiss News Headlines

スイス発最新ニュースで世界が分かる! 日本関連ニュースも掲載!
発行者名 Thomassan
発行部数23部
発行周期毎週金曜日発行
カテゴリ ニュース
バックナンバー すべて公開

ログインするとメールマガジンを購読できます。

ログイン 新規ユーザー登録
 スイス発最新時事ニュースを日英独語併記で配信!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

┃ Multilingual Internet Mail Magazine
┃ Weekly Swiss News Headlines
┃ ウイークリー・スイス・ニュース・ヘッドラインズ
┃ 【 No. 799 - June 15, 2018 (Heisei 30-nen)】
┃ http://www.swissjapanwatcher.ch

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 ▼ スイスの報道で世界が分かる
 Swiss Media reporting World's Reality
 Schweizer Medien berichten ueber Welt-Realitaet ▼


 【目次 / INDEX / INHALTSVERZEICHNIS 】日本語 - English - Deutsch

 1) ETHのウルスラ・ケラー教授に2018年欧州発明賞
 2) 「ル・マタン」の印刷版廃刊に激怒!
 3) FIFAの新スポンサーは中国とカタール
 4) 今週のニュース・フラッシュ

 ★ Travel, Events, Others / 旅行・催し物・その他
 ★ Noteworthy Information / 注目情報
 ★ Proverbs of the Week / 今週の諺
 ★ Recommended Book / 推薦図書
 ★ from Editor's Room / 編集後記

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

1) ETHのウルスラ・ケラー教授に2018年欧州発明賞 (Thu. 07.06.2018)
European Inventor Award 2018 for ETH-Ursula Keller.
Europaeischer Erfinder-Preis 2018 fuer ETH-Ursula Keller.

スイス人物理学者で連邦工科大学のウルスラ・ケラー教授に、彼女の生涯研究
に対して「2018年欧州発明賞」が授与された。彼女は30年に亘る研究生活で、
「Sesam(半導体可飽和吸収ミラー)」として知られるレーザーで、超高速光
パルスを生成する方法を初めて発明した。彼女はレーザー光線の新しい応用の
開拓者として認められている。「生涯業績」の部門でウルスラ・ケラー教授は
他の2人の最終候補に勝った。「Sesam」は世界工業標準として製造業、光通信
、医療技術で使用されている。「彼女の研究でウルスラ・ケラーはレーザー技
術に革命をもたらした」とパリの授賞式で「欧州特許庁(EPO)」代表は述べた。
ETHツューリッヒ校でケラー教授は「Sesamの原理」を開発し、量子物理学の未
解決の問題に取り組んだ。彼女はレーザー光線を使って、世界で最も正確な時
計の針で、世界で最も正確な時計の一つ「Attoclock」を開発した。ケラー女
史は33歳の時、ETHツューリッヒの自然科学部門の教授に女性で初めて任命さ
れた。
https://optipedia.info/lsource-index/laser-index/ultrashort-pulse/sa/sam/

The Swiss physicist and ETH-Professor Ursula Keller has been awarded
the "European Inventor Award 2018" for her life's work. In her 30-
years broad research career, Professor Keller invented the first
method for generating ultra-fast light pulses in lasers, known as
"Semiconductor Saturable Absorber Mirror (Sesam)". She is recognized
as a pioneer for new applications of laser light. In the category
"Lifetime Achievement", Ursula Keller prevailed against two other
finalists. "Sesam" is used as the world-wide industry standard in the
manufacturing industry, in optical communication or in medical
technology. "With her research, Ursula Keller has revolutionized laser
technology," said the President of the European Patent Office (EPO),
at the award ceremony in Paris. At the ETH Zurich, Mrs. Keller
developed the "Sesam-Principle" further and dealt with unresolved
questions of quantum physics. She developed one of the most accurate
watches in the world, the "Attoclock", with laser light as the world's
most accurate clock hand. At the age of 33 years, Mrs. Keller was the
first woman to be appointed to a professorship in Natural Sciences at
ETH Zurich.

Die Schweizer Physikerin und ETH-Professorin Ursula Keller wurde mit
dem "Europaeischen Erfinder-Preis 2018" fuer ihr Lebenswerk
ausgezeichnet. In ihrer 30 Jahre umfassenden Forschungs-Laufbahn
erfand Professorin Keller die erste Methode zur Erzeugung ultra-
schneller Licht-Pulse in Lasern, bekannt unter dem Begriff "Sesam"
(Semiconductor Saturable Absorber Mirror). Sie wird als Wegbereiterin
fuer neue Anwendungen von Laser-Licht gewuerdigt. In der Kategorie
"Lebenswerk" setzt sich Ursula Keller gegen zwei weitere Finalisten
durch. "Sesam" kommt als welt-weiter Industrie-Standard in der
herstellenden Industrie, in optischer Kommunikation oder in der
Medizin-Technik zur Anwendung. "Mit ihrer Forschung hat Ursula Keller
die Laser-Technik revolutioniert", sagte der Praesident des "European
Patent Office (EPO)", bei der Preis-Verleihung in Paris. An der ETH
Zuerich entwickelte Frau Keller das "Sesam-Prinzip" weiter und
befasste sich mit ungeloesten Fragen der Quanten-Physik. Sie
entwickelte eine der genausten Uhren der Welt, die "Attoclock", mit
Laser-Licht als dem genausten Uhrzeiger der Welt. Frau Keller wurde
mit 33 Jahren als erste Frau auf einen natur-wissenschaftlichen
Lehrstuhl der ETH Zuerich berufen.
(Quelle: nzz.ch & Tages-Anzeiger print vom 7./8.6.2018)
https://www.nzz.ch/wissenschaft/ursula-keller-erhaelt-den-europaeischen-erfinderpreis-ld.1392533
https://www.ethz.ch/en/news-and-events/eth-news/news/2018/06/outstanding-lifetime-achievement.html
https://www.epo.org/learning-events/european-inventor/finalists/2018/keller.html
http://www.ulp.ethz.ch/research/attoclock.html
https://www.youtube.com/watch?v=DhikUL3-SMQ

2) 「ル・マタン」の印刷版廃刊に激怒! (Thu. 07.06.2018)
Outraged! Print Edition of "Le Matin" will be terminated.
Empoert! Print-Ausgabe von "Le Matin" wird eingestellt.

ツューリッヒのメディア・グループ「タメディア」が仏語圏の新聞「ル・マタ
ン」の印刷版を2018年7月末に廃止すると発表した。「ツューリッヒ」のこの
決定で41人の社員が失職する。メディア「ル・マタン」は今後「オンライン」
でのみ存続する。「ル・マタン・ディモンシュ(日曜版)」はこの決定の影響を
受けなかった。スイスの仏語圏では短期間に2番目の「印刷刊行物」が失われ
ようとしている。2017年、週刊誌「レ・プド」が創立36年後に廃刊され、37人
の社員が職を失った。「レ・プド」は仏語圏で最も読まれた雑誌だった。ツュ
ーリッヒの「タメディア」によると、「ル・マタン」の印刷版は赤字で、2017
年の損失はおよそ630万スイスフランに上った。廃刊の理由として「タメディ
ア」は過去20年間続いた損失を挙げた。過去10年の損失は合計3,400万スイス
フランにも膨れ上がった。懸命な努力にもかかわらず、持続可能な解決策を見
つける事は出来なかった。15人の編集部員は「ル・マタン」の「デジタル版」
を更に開発する予定。オンライン版「Lematin.ch」は現在仏語圏で最も広範な
読者を持つニュース・プラットフォームの一つで、合計581,000人のユーザー
がいると「タメディア」は書いている。「ル・マタン」は完全にデジタル化に
特化するスイス初の日刊紙となる。報道機関の労働組合とジャーナリスト協会
は印刷版の廃止発表に怒っている。

The media group "Tamedia" from Zurich reported that they will
terminate the printed edition of the French-speaking newspaper "Le
Matin" at the end of July 2018. Due to the ruling of the "People from
Zurich", 41 employees lose their jobs. The medium "Le Matin" will only
survive "Online". "Le Matin Dimanche" (Le Matin Sunday) is not
affected by the measure. Within a short time, French-speaking
Switzerland is losing its second "printed journal". In 2017, 36 years
after its foundation, the weekly magazine "L'Hebdo" was abandoned; 37
employees lost their jobs. "L'Hebdo" was the most-read periodical of
French-speaking Switzerland. According to "Tamedia" in Zurich, the
print edition of "Le Matin" is in deficit; in 2017, the loss amounted
to about CHF 6.3 Mio. As reason for the abandoning, "Tamedia" referred
to the ongoing losses in the last 20 years. Over the last 10 years,
the loss added up to 34 Mio. CHF. There was no sustainable solution
found, despite great efforts. A 15-persons editorial team is to
develop further the "digital" edition of "Le Matin". "Lematin.ch" is
already one of the most far-reaching news platforms in French-speaking
Switzerland. It counts a total of 581,000 users, wrote "Tamedia". "Le
Matin" will be the first Swiss daily newspaper, which completely
concentrates on a purely digital version. Media Union and Journalists
Association are upset about the announced ending of the print edition.

Die Medien-Gruppe "Tamedia" aus Zuerich informierte, dass sie die
gedruckte Ausgabe der Westschweizer Zeitung "Le Matin" auf Ende Juli
2018 einstellen werde. Wegen dem "Zuercher" Entscheid verlieren 41
Mitarbeiter ihre Stelle. Das Medium "Le Matin" wird nur noch "Online"
weiter bestehen. "Le Matin Dimanche" (Le Matin Sunday) sei von der
Einstellung nicht betroffen. Innert kurzer Zeit verliert die
franzoesische Schweiz damit bereits die zweite "gedruckte
Zeitschrift". 2017 wurde 36 Jahre nach seiner Gruendung das Wochen-
Magazin "L'Hebdo" eingestellt; 37 Mitarbeiter verloren ihre Stelle.
"L'Hebdo" war die meist-gelesene Zeitschrift der Westschweiz
(Romandie). Laut "Tamedia" in Zuerich sei die Print-Ausgabe von "Le
Matin" defizitaer; im 2017 habe der Verlust rund 6,3 Mio. CHF
betragen. Als Grund fuer die Einstellung nennt "Tamedia" die
andauernden Verluste in den letzten 20 Jahren. Ueber die letzten 10
Jahre habe der Verlust insgesamt 34 Mio. CHF betragen. Es habe keine
nachhaltige Loesung gefunden werden koennen, trotz grossen
Bemuehungen. Eine 15-koepfige Redaktion soll die "digitale" Ausgabe
von "Le Matin" weiter entwickeln. "Lematin.ch" sei bereits heute eine
der reichweiten-staerksten News-Plattformen in der Romandie; sie
zaehlt insgesamt 581'000 Nutzer, schreibt "Tamedia". "Le Matin" werde
die erste Schweizer Tageszeitung, welche sich vollstaendig auf eine
rein digitale Version konzentriert. Medien-Gewerkschaft u.
Journalisten-Verband zeigen sich empoert ueber die angekuendigte
Einstellung der Print-Ausgabe.
(Quelle: srf.ch & luzernerzeitung.ch vom 7.6.2018)
https://www.lematin.ch/
https://www.srf.ch/news/wirtschaft/41-mitarbeitende-betroffen-le-matin-nur-noch-digital
https://www.luzernerzeitung.ch/newsticker/schweiz/le-matin-gibt-es-kunftig-nicht-mehr-als-gedruckte-zeitung-ld.1026977
http://www.24heures.newsnetz.ch/signatures/reflexions/disparition-matin-imprime-droit-savoir/story/10752999
https://lenews.ch/2018/06/07/switzerland-loses-a-newspaper/
http://www.politicaleconomistng.com/le-matin-becomes-first-swiss-newspaper-go-100-digital/

3) FIFAの新スポンサーは中国とカタール
FIFA: New Sponsors from China (PRC) and Qatar.
FIFA: Neue Geldgeber aus China (PRC) und Katar. (Mon. 11.06.2018)

FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長が2017年、中国と「中国サッカー協
会」を訪問、「ターゲス・アンツァイガー紙」はFIFA会長と習近平国家主席と
の会談の写真を掲載している。2015年のスキャンダルの後、欧米の企業はFIFA
を避けており、今他の献金者が飛び込んできた。サッカー世界選手権のビジネ
スモデルは、テレビ収入とスポンサー、発券が基盤で、FIFAはこれによって数
十億を得ている。ソニーやジョンソン&ジョンソン等欧米ブランド企業の一部
は、FIFAとのスポンサー契約を更新しなかった。新しい資金源(スポンサー)は
カタール航空、中国の乳製品メーカー「蒙牛」や中国の万達グループ。彼等は
今FIFAのスポンサーになる機会を得た。中国企業はFIFAのイメージをあまり気
にしていない。中国企業はサッカー世界選手権で世界的に知られる機会を得た
のだ。FIFAにとってスポンサーの資金より重要なのはテレビ放送権で、収入源
の50%以上を占め、増え続けている。

FIFA-President Gianni Infantino visited China (PRC) and the "Chinese
Football Association" in June 2017; a picture in the newspaper "Tages-
Anzeiger" shows the FIFA-President in talks with China's President Xi
Jinping. After the 2015 scandals at FIFA, Western corporations are
avoiding FIFA; now other sponsors help out. At Soccer World
Championships, the business model is based on TV-receipts, Sponsorship
and Ticketing; FIFA earns billions with it. A number of Western brand
companies, such as SONY, Johnson & Johnson, etc., have not extended
their sponsorship contracts with FIFA. New sources of capital
(sponsorship) are Qatar Airways, the milk products manufacturer
"Mengniu" from China or the Chinese Group Wanda. They are now taking
the opportunity to become a FIFA-sponsor. Chinese companies are less
concerned about the "Image" of FIFA. Chinese companies have now the
opportunity to become known worldwide during a Soccer World Cup. Even
more important as funds from sponsorship are the receipts of TV-Rights
for FIFA; these account for over 50% of the revenues and they continue
to increase.

Der FIFA-Praesident Gianni Infantino besuchte im Juni 2017 China (PRC)
und die "Chinese Football Association"; ein Bild in der Zeitung
"Tages-Anzeiger" zeigt den FIFA-Praesidenten im Gespraech mit China's
Praesident Xi Jinping. Nach den Skandalen von 2015 bei der FIFA meiden
Konzerne aus dem Westen die FIFA; jetzt springen andere Geldgeber ein.
Bei Fussball-Welt-Meisterschaften basiert das Geschaefts-Modell auf
TV-Einnahmen, Sponsoring und Ticketing; die FIFA nimmt Milliarden
damit ein. Einige westliche Marken-Unternehmen, wie SONY, Johnson &
Johnson etc. haben ihre Sponsoring-Vertraege mit der FIFA nicht
verlaengert. Neue Geld-Quellen (Sponsoring) sind Katar Airways, der
chinesische Milch-Produkte Hersteller "Mengniu" oder der chinesische
Konzern Wanda. Sie nehmen jetzt die Gelegenheit wahr, FIFA-Sponsor zu
werden. Chinesische Unternehmen machen sie weniger Sorgen wegen dem
"Image" in Bezug auf die FIFA. Fuer chinesische Firmen bietet sich die
Gelegenheit im Rahmen einer Fussball-Weltmeisterschaft weltweit
bekannt zu werden. Wichtiger als Sponsoren-Gelder sind fuer die FIFA
noch die Erloese aus TV-Rechten; diese machen ueber 50% der Einnahmen
aus und sie steigen weiter. (Quelle: tagesanzeiger.ch vom 11.06.2018)
https://www.tagesanzeiger.ch/wirtschaft/standard/Fifa-findet-neue-Geldgeber-in-China/story/21080305
https://www.theguardian.com/business/2018/jun/01/chinese-firms-world-cup-2018-fifa
https://www.travelpulse.com/news/airlines/qatar-airways-becomes-fifa-s-official-airline.html
http://www.scmp.com/sport/china/article/2126821/fifa-milking-chinese-companies-sponsorship-shows-world-cup-dream
https://www.fifa.com/about-fifa/news/y=2017/m=6/news=fifa-president-gianni-infantino-meets-president-of-people-s-republic-o-2895099.html

4) 今週のニュース・フラッシュ

★ 国連総会でガザ地区へのイスラエルの暴力を非難
UN-General Assembly condemns Israel for Violence in the Gaza Strip.

国連総会は圧倒的多数で、ガザ地区での暴力に対して、イスラエルを非難する
決議をした。総計193カ国の内、120カ国がこの措置に賛成し、僅か8カ国が反
対、45カ国は棄権した。更にアントニオ・グテーレス国連事務総長はパレステ
ィナ占領地の為の「国際保護機能」の勧告を求められた。可能な提案として、
国連の保護任務が議論されている。この決議案の文面は、ガザ地区からイスラ
エル占領区へのロケット発射も非難している。

The UN-General Assembly has condemned Israel in a Resolution for
Violence in the Gaza Strip by a large majority. Out of a total of 193
countries, 120 voted for the resolution, only just 8 countries voted
against and 45 countries abstained. Besides, UN-Secretary-General
Antonio Guterres was requested to make recommendations for an
"International Protection Mechanism" for the occupied Palestinian
territories. As a possible proposal, a UN protection mission is in
discussion. The text of the resolution also condemns the firing of
rockets from the Gaza Strip into Israeli territory.
(Quelle: tagesanzeiger.ch & srf.ch vom 14.06.2018)
https://www.srf.ch/news/international/generalversammlung-der-uno-uno-verurteilt-israel-fuer-gewalt-im-gazastreifen
https://www.tagesanzeiger.ch/ausland/naher-osten-und-afrika/uno-verurteilt-israel-fuer-gewalt-im-gazastreifen/story/15373314
https://www.aljazeera.com/news/2018/06/condemns-excessive-israeli-force-palestinians-gaza-180614053144538.html
https://www.reuters.com/article/us-israel-palestinians-un/united-nations-condemns-excessive-israeli-force-against-palestinians-idUSKBN1J935B
http://www.middleeasteye.net/news/thousands-gaza-mourn-palestinian-paramedic-killed-israel-660713987

★ スイスのE-モビリティー拠点と欧州最大のEV充電スタンド
Swiss E-Mobility Hub & Europe's biggest EV-Charging Station.

プラッテルン(バーゼル・ラント)では、高速道路A2の隣に欧州最大のEV充電ス
テーションを備える「スイスE-モビリティー・ハブ」が建設される。共同組合
「エレクトラ・バーゼルラント(EBL)」が、280台のEV充電スタンドを計画して
いる。「スイスE-モビリティー・ハブ」は、電気モビリティーのイノヴェーシ
ョン・センター。1日に13万台の自動車が通る高速道路(南北軸)に直接アクセ
スする場所は理想的。合計280台の充電スタンドの内、60台は急速充電用のい
わゆる「スーパー・チャージャー」。複合施設全体の建設費用はおよそ5千万
から7千万スイスフランで、この計画は「ノルドヴェストシュヴァイツ応用科
学芸術専門大学(FHNW)」が協力している。EBL共同組合は10年後の年間需要を
20,000メガワット時と予想、これは5,000世帯のエネルギー需要に相当する。
電力需要は100%地元の木材、太陽、水力による再生可能エネルギーで賄われ
る。建設は2021年から始まり、開業は2023年に計画されている。

In Pratteln (BL), next to A2 motorway, the "Swiss E-Mobility Hub" with
Europe's largest electricity (EV) charging station shall be built. The
co-operative "Elektra Baselland (EBL)" plans 280 charging stations for
electric vehicles (EV); the "Swiss E-Mobility Hub" is an innovation
center for the electric mobility. The location directly at the
motorway (North-South axis) is ideal, as it is used by 130,000
vehicles every day. Out of the total 280 charging stations, 60 of them
are so-called "Super-Chargers" for a fast charge. The costs for the
entire complex amount to about CHF 50 to 70 Mio.; the project is
accompanied by the "FHNW University of Applied Sciences and Arts
Northwestern Switzerland". The EBLco-operative expects an annual
demand of 20,000 MWh in 10 years; it corresponds to the energy demand
of 5,000 households. The electricity demand will be covered by 100%
from local, renewable energy, Wood, Solar and Water. Start of
construction should be 2021 and the opening is planned for 2023.
(Quelle: srf.ch vom 12.06.2018)
https://www.srf.ch/news/regional/basel-baselland/direkt-an-der-a2-in-pratteln-entsteht-europas-groesste-strom-tankstelle
http://www.20min.ch/schweiz/basel/story/Groesste-Ladestation-fuer-Elektroautos-in-Europa-10289334
https://www.thelocal.ch/20180612/switzerland-to-get-europes-largest-electric-vehicle-charging-station

★ スイスで50日間続く雨は気候温暖化の為?
50 Days of Rain in Switzerland due to the Climate-Warming?

この天候は例外的、と連邦工科大学(ETH)の気象研究者レト・クヌッティは話
した。50日間スイスではどこかで雨が降っていた。気候変動に依る気象状況の
背景は未だ証明されていないが、この豪雨は明らかに地球温暖化と関係してい
る。専門家は将来このような気象条件はもっと起こり得ると警告、その為防護
対策を講じる必要が有る。しかし、降雨量の増加は地球温暖化と関係している
とETHの気象研究者は述べた。スイスのローザンヌ(オリンピック都市)では、
今週降水量の新記録があった。10分間で1平方メートル当たり41リットルの雨
が降り、これは月平均降雨量の3分の1以上に相当する。洪水防護を強化したり
天気予報システムを拡大する必要がある。

The weather is exceptional, said ETH-Climate Researcher Reto Knutti.
For 50 days, it has always been raining somewhere in Switzerland. A
context of the weather situation with the climate change is not (yet)
proven. However, the heavy rain is clearly related to the Earth's-
Warming. The expert warns that there will be more such weather
conditions in the future; it is therefore necessary to take protective
measures. However, the intensity of the rainfall is related to global
warming, said the ETH-climate researcher. In the Swiss (Olympic City)
of Lausanne, there was a new precipitation record this week. Within 10
minutes 41 liters of rain fell per square meter; that is more than a
third of the monthly rainfall amount on average. The flood protection
is to be strengthened or to weather warning systems are to be
expanded. (Quelle: srf.ch vom 14.06.2018)
https://www.srf.ch/news/schweiz/eine-folge-der-klimaerwaermung-schweiz-drohen-in-zukunft-rekordniederschlaege
Torrential Rainfall in City of Lausanne:
https://www.thelocal.ch/20180612/wild-weather-chaos-as-torrential-rainfall-strikes-lausanne
https://www.24heures.ch/vaud-regions/lausanne-region/Orage-a-Lausanne-des-grands-magasins-fermes-au-centreville-/story/23246114

★ チンパンジーの寝床は人間の寝床より清潔
Chimpanzees are Cleaner in Bed than Humans.

人間とは違い、チンパンジーは毎日新鮮な「寝床」を整える。モンキーはトイ
レの衛生に細心の注意を払う。定期的な交換は衛生にプラスの効果をもたらす
と、動物学者は定期刊行の「ロイヤル・ソサエティー・オープン・サイエンス
」に書いた。人間の寝床は糞便、口、皮膚のバクテリアが蔓延しているが、チ
ンパンジーの寝床では何も見つけられなかった事を研究者自ら驚いている。大
量の寄生虫も見つからなかった。チンパンジーは生活の半分を寝床で過ごすの
で、彼等は巣を非常に注意深く設える。そうした努力にもかかわらずチンパン
ジー達は、寝床を遅くとも一晩過ぎたら新しい寝床に整える。モンキーは便の
全てが巣の端から落ちて寝床に何も残らないよう細心の注意を払う。その為腸
内細菌は何も見つからない。人の寝床は対照的で、住民の体から落ちたバクテ
リアで満ちている。

Unlike humans, Chimpanzees make a fresh "Bed" every day. The monkeys
pay close attention to toilet hygiene. The constant change has a
positive effect on hygiene, the zoologists wrote in the periodical
"Royal Society Open Science". People's beds are teeming with faecal,
oral and skin bacteria; in the Chimpanzee's sleeping quarters,
however, the researchers found nothing like that to their own
surprise. No large amount of parasites were found either. Chimpanzees
spend half their lives in bed, so they build their nest very
carefully. Despite the effort, Chimpanzees leave their bed at the
latest after one night and build a new "Bed". The monkeys take great
care that all faeces fall over the edge of the nest and nothing
remains in the "Bed". Therefore no intestinal bacteria were found
in the nests. The beds of humans are in contrast, full of bacteria,
which have fallen away from the bodies of the inhabitants.
(Quelle: nzz.ch & Tages-Anzeiger print vom 16./29.05.2018)
https://www.nzz.ch/wissenschaft/schimpansen-betten-sind-appetitlicher-als-unsere-ld.1385829
http://rsos.royalsocietypublishing.org/content/5/5/180382
https://www.telegraph.co.uk/science/2018/05/15/chimpanzees-have-cleaner-beds-humans-say-scientists/
http://www.cbc.ca/news/health/chimpanzees-beds-science-tanzania-ecosystem-environment-africa-1.4665679


━スイスの主要報道機関━ [Swiss mainstream media]
TA = Tages-Anzeiger (スイス独語最有力紙)
NZZ = Neue Zuercher Zeitung(スイス独語経済紙)
cash =(オンライン・ビジネス紙)http://www.cash.ch/
20min = 20min Pendler Zeitung(20分:通勤者向け無料新聞)
bluewin.ch (スイス・テレコム・オンラインサイト)
SRF1 = スイス公共放送TV:http://www.tagesschau.sf.tv/

──────────────────────────────────
【 Travel, Events, Others / 旅行・催し物・その他】

★ Japanese Grocery Shop Uchino in Geneva. (Info)
ジュネーヴ:有機食品の「内野食品店」
- Delicious and Healthy Okinawa Kuro Sato (Black Sugar)
https://www.mitsui-sugar.co.jp/products/black_sugar/kurozato.html
- Tasty and Easy to drink Japanese Sake "Takashimizu" (Akita-ken)
Ask for the large Sake list. http://www.takashimizu.co.jp/index.html
Personally recommended.
https://www.uchino.ch/
Shipping Service by (new) Planzer Parcel service or Swiss Post.
http://planzer-paket.ch/en

★ Delicious and Healthy Umeboshi from Wakayama-ken. (Info)
和歌山県の梅干し
Soft and very tasty for your daily diet. Online-Shop.
Overseas Orders & Shipment Welcome. Personally recommended.
https://www.kawamotokk.co.jp/

★ June 16th is "Wagashi no Hi" in Japan. (Info).
6月16日は「和菓子の日」
http://www.wagashi.or.jp/wagashinohi/
http://netwadai.com/blog/post-4028
http://www.iromegane.com/japan/culture/16th-of-june-is-wagashi-day-eat-more-japanese-sweets/
https://www.toraya-group.co.jp/toraya/small_stories/calendar/kajo_wagashinohi/
https://www.o-sakaya.com/

★ Summer News from Shizuku Sake Store (Nihonshu) in Zurich (Info)
ツューリッヒ:酒店「雫」から夏のニュース
- (New) Sake Shipment from Japan arrived (9 Tons)
https://www.shizuku.ch/en/news/2018
- New Japanese Craft Beer "Taikoku" from Izu (Shizuoka) on Sale.
https://bairdbeer.com/ja/
- Sake Cocktail Night at Ginger Sake Bar in Zurich; July 5, 2018 from 5:30 pm.
http://ginger-restaurant.ch/news.html
http://ginger-restaurant.ch/files/menukarten/ginger-flyer-5juli-a6.pdf

★ 18-Days Japan Travel "Autumn Colors". (Info)
Bonsai Voyage:秋の日本旅行
from November 9 to November 26, 2018 by Japanese-Swiss Couple.
http://www.bonsaivoyage.com/

──────────────────────────────────
【 Noteworthy Information / 注目情報 】

★ 山本太郎:予算委員会「12分の動画『うみ物語』」
山本太郎 vs 安倍晋三(お笑いより笑える!ずば抜けた太郎氏の頭の回転)
http://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/8283?cn=ZmxleGlibGVfcmVjcw%3D%3D&refsrc=email

★ 山本太郎:永田町恐怖新聞 Vol.7「山本太郎が実行したい3つの提案」
https://www.taro-yamamoto.jp/daily-activities/8166

★ 自由党:小沢一郎代表・山本太郎代表 共同定例記者会見 2018年6月12日
http://liberalparty.jp/

★ IWJ:岩上安身による東京大学大学院農学生命科学研究科鈴木宣弘教授イン
タビュー 2018.6.11「食料は武器、標的は日本」TPP11、日米FTA、日欧EPAで
日本農業は壊滅!安倍政権に貿易政策は任せられない!」
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424311

★ 政治を市民へ供託金を見直す会:
世界一高い供託金を見直しましょう!日本の国会議員選挙の供託金は、世界
で一番高額です。その壁を崩し、政治を市民の手に取り戻すために、まずは
全国都道府県の弁護士会に人権救済の申し立てを行います。
https://ameblo.jp/kyoutakukin/entry-11965440151.html

★ IWJ:知らず知らずに進行する主権侵害を止めろ!インド最高裁がモンサ
ントの遺伝子組み換え綿の種子の特許を認めない判決!! ひるがえって日本で
は主権を売り渡す通商政策が止まらない!? 2018.6.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424706

★ 田中宇:在韓米軍も在日米軍も撤退に向かう。
在日米軍を存続するなら中国脅威論の扇動が必要なのにやってない。
http://tanakanews.com/180609korea.htm

★ 八木啓代:検審申立という第2幕が始まりました。5月31日、検察が森友
事件に関する一連の告発について、「まとめて不起訴」を出しました。
この「まとめて不起訴」という対応そのもので、はじめからまともに捜査を
する気もなければ、本気で起訴する気もなかったということが明らかであっ
たと思います。
http://www.asyura2.com/18/senkyo246/msg/302.html

★ IWJ:【森友・加計疑惑追及 最新動向】8億円値引きした森友学園用地に、
国が最大10億円の借り入れ承認!2015年2月25日、安倍総理と加計理事長の面
会後、獣医学部新設も動き出した!! 2018.6.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424749

★ 日刊ゲンダイ:新潟知事選 与党陣営「ニセ文春報道」で選挙妨害疑惑浮上
http://www.asyura2.com/18/senkyo246/msg/164.html

★ のんきに介護:新潟知事選、もし選挙に不正が無かったら、このグラフは
何だろう
http://www.asyura2.com/18/senkyo246/msg/323.html

★ 新恭:「森友文書改ざんの財務省職員不起訴」に暗躍した法務官僚の実名
http://www.mag2.com/p/news/362100?utm_medium=email&utm_source=mag_news_9999&utm_campaign=mag_news_0615
関連:ミスター立件潰し、法務省の黒川弘務官房長(59)のこと!
甘利ワイロ事件 握りつぶした“黒幕”が事務次官昇格の仰天
https://blogs.yahoo.co.jp/sj566029/70735774.html

★ 岡田広行:新知事でも「柏崎刈羽再稼働」が難しい理由
選挙戦では「原発争点外し」が奏功したが…
https://toyokeizai.net/articles/-/224707?utm_source=morning-mail&utm_medium=email&utm_campaign=2018-06-13&mkt_tok=eyJpIjoiWWpjNE1XTTBaVEEyTUdWbCIsInQiOiJMQVpoWGM4dG1MMHJlWkxXXC9Cc1wvR0FGU2VwSUQ0dGpRMEdINFwvRTlmbFc3b0ZuN1VUbGxBTUdVS0h3QnZnT0xlMDNyN3lBcWk1b0I0WGRoTEN5V3lVd21ZOVhJWnlhMzBcL25kdkp3YWVsdnZCTkpKSlkrb2o4Mk5lUHgrUlhtb0gifQ%3D%3D

★ 日刊ゲンダイ:「Where is ABE?」 マクロン仏大統領の投稿写真が物議。
やっぱり“カヤの外”か
http://www.asyura2.com/18/senkyo246/msg/175.html

★ 半歩前へ:驚き!米国に盲従の日本が署名拒否!
http://www.asyura2.com/18/senkyo246/msg/182.html

★ サンデー毎日:急変!東アジア 米朝首脳会談「次に起きること」
「安倍外交」は崩壊した! 倉重篤郎のサンデー時評
http://www.asyura2.com/18/senkyo246/msg/232.html

★ 菅野完氏:昨日の辰巳コータロー質疑と今日の川内博史質疑で、森友問
題、とんでもないことになってるぞ。森友巡る首相夫人発言の記録作成 決
算委で財務省認める。
http://www.asyura2.com/18/senkyo246/msg/208.html

★ 魑魅魍魎男:愛知・新城市でメガソーラーによる健康被害の訴え。
放射能汚染が原因の可能性もあり。
http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/824.html

──────────────────────────────────
【 Proverbs of the Week / 今週の諺 】

【D】Verstehen kann man das Leben rueckwaerts; leben muss man es
vorwaerts.
【E】Life can only be understood backwards; but it must be lived
forwards.
(Soren Kierkegaard, Danish Philosopher, 1813/1855)
人生は振り返る事でしか理解出来ないが、前に進んで生きなければならない。

【D】Tue Gutes und Rede darueber.
【E】Do Good Things and Talk about it.
(Walter Fisch, German Politician, 1910/1966)
良い事をしてそれを語れ。

【D】Die Zeit heilt nicht alle Wunden, sie lehrt uns nur, mit dem
Unbegreiflichen zu leben.
【E】Time does not heal all wounds, it only teaches us to live with
the incomprehensible. (Unknown Proverb)
時間は全ての傷を癒してはくれない、不可解と共に生きる事を教えてくれる
だけ。

★ Highlights of the Week/今週の映像ハイライト:

- The Most Beautiful Lakes of Switzerland. Enjoy the pictures.
https://www.blick.ch/life/reisen/ch/seen/kuehles-vergnuegen-die-schoensten-seen-der-schweiz-id6863652.html
https://www.thelocal.ch/20170712/ten-stunning-swiss-lakes-to-visit-this-summer
https://www.schweizersee.ch/die-schoensten-bergseen-der-schweiz/

- First most beautiful Football Fan-Pictures from FIFA WM in Russia.
https://www.luzernerzeitung.ch/ostschweiz/bildstrecke/die-schoensten-wm-fanbilder-ld.1029288#lg=1&slide=0

──────────────────────────────────
【 Recommended Book / 推薦図書 】

★ 「問題は英国ではない、EUなのだ - 21世紀の新・国家論」
エマニュエル・トッド著 堀茂樹訳
https://honto.jp/netstore/pd-book_27993260.html
[商品説明]
今日の世界の危機は『国家の問題』として捉えなければなりません。中東を
始めとして、いま真の脅威になっているのは、『国家の過剰』ではなく『国
家の崩壊』です。喫緊に必要なのは、ネオリベラリズムに対抗し、国家を再
評価することです」(本文より)「イギリスのEU離脱は、『西側システム』
という概念の終焉を意味しています」(本文より)
「大ベストセラー『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる』に続く第2弾! 現
代最高の知識人、トッドの最新見解を集めた“切れ味抜群”の時事論集。テ
ロ、移民、難民、人種差別、経済危機、格差拡大、ポピュリズムなどテーマ
は多岐にわたるが、いずれも「グローバリズムの限界」という問題につなが
っている。英国EU離脱、トランプ旋風も、サッチャー、レーガン以来の英米
発祥のネオリベラリズムの歴史から、初めてその意味が見えてくる。知的遍
歴を存分に語る第3章「トッドの歴史の方法」は、他の著作では決して読め
ない話が満載。

【読後感】
まえがきが、「日本の読者へ」と書かれている通り、日本の読者に向けて世
界の現状とその歴史的背景を説いている。この著作を読んで世界史の実相を
知りたくなった。しかし、それは不可能だあろう。歴史は勝者の為に書き換
えられるのが常と言われているからだ。ロシアと米国の将来は肯定的に、中
国の将来は否定的に見ている氏の日本への提言は、「米国に寄り添え」とい
うものだが、果たしてこれでよいのかは日本人自らが熟慮すべき課題だと思
う。フランスを愛する著者の目下の憂鬱は、フランス社会とフランス政治の
現状だが、政治と距離を置く日本人の性向と、社会の成熟度に大きな違いが
見られない事に、やはり人間だからか?と思ったり。再読したいと思ってい
るが、読者にもご一読をお勧めする一冊。

──────────────────────────────────
【 from Editor's Room / 編集後記 】

1) NZZ紙のオンライン動画でケラー教授の紹介を見た。幸せな研究者生活を
送って来られた事が伺える。ETHは若い研究者を国に呼び寄せて頭脳流出を防
いだようだ。最近ETHの若手研究者達が教授達に酷使されていると声を上げた
が、1人の勝者に無数の敗者と言われる研究者達の厳しい国際競争の掟を変
えられるならの話ではないか?
2) 報道は民主主義の根幹に関わるので、ジャーナリストの存在は社会資産
とも言えるが、スマホが普及した現代、紙の新聞を広げる人が減少している
のは現実。とは言え、スマホの電磁波に晒されながら青色光の海に眼を晒し
て、人差し指を酷使し続けるとどうなるか?そろそろ考えてみてもよい頃か
もしれない。新聞も本も紙で幸せと思う1人。
3) 最近FIFAのインファンティーノ会長が、プーティン大統領や習近平主席と
一対一で会談をしている写真を見かける。どこぞの首相はさぞかし羨ましい
のではないか?それにしてもプロスポーツの威力を見せ付けられる思いだ。
スポーツが国の威信をかけたものになってしまった現代、日本でもパワハラ、
セクハラ、賄賂等々スキャンダルが絶え間無く付き纏うようになった。
(A.H.)

Japanese translation: Akiko Huerlimann
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【Distribution system/発行システム】Number of readers: 1,297
┃ Subscribe & Unsubscribe / 登録・解除・アドレス変更
★ Melma: http://www.melma.com/backnumber_40438/
★ Mailux: http://www.mailux.com/mm_bno_list.php?mm_id=MM49D0B8FB9C4B4
★ Mag2: http://www.mag2.com/m/0000025024.htm & etc.
★ alphapolis: https://www.alphapolis.co.jp/mailmaga/detail/1000129
(メールのプロバイダーが<Bluewin>の場合は、Mag2からの配信が止められ
 ています。gmailとYahoo!メールは配信される事を確認しています。)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
★ Issuer/発行元: Thomas Huerlimann & Editors' Group
swiss_news_headlines@bluewin.ch
Copyright (C) 1998-2018 Thomas Huerlimann /
Weekly Swiss News Headlines (WSNH)

★ Only the information source is chosen from Swiss media by Thomas
Huerlimann; the text is written with his own words in German and
English. Editor's group makes Japanese translation.

スイスのメディアから情報のみを厳選し、トーマス・ヒューリマンが自身の
言葉で独語・英語に要約したものに、編集グループが和訳を付けてお届けし
ています。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【 jp-Swiss-journal 】 Sister Mail Magazine
┃ 同じく多言語の投稿エッセー・評論を発行。 Number of readers: 299
★ Melma: http://www.melma.com/backnumber_41022/
★ Mailux: http://www.mailux.com/mm_bno_list.php?mm_id=MM49D642ECE442D
★ Mag2: http://www.mag2.com/m/0000044048.htm & etc.
★ alphapolis: https://www.alphapolis.co.jp/mailmaga/detail/1000130
(プロバイダーが<Bluewin>の場合は、Mag2からの配信が止められています。
  gmailとYahoo!メールは配信される事を確認しています。)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛