『心が紡ぐ摩訶不思議な物語』-竹男と月子の月国郷愁-

『月の国をめぐり、心が紡ぐ摩訶不思議な物語』

東京から離れ田舎町で高校教師をしている竹男は、いつもと変わらない普通の日常を送っていた。

そんな中、生徒のひとりである月子の家を訪れたことで、その日常は一変する。

その日から、竹男は50年前に行方不明になった祖父を探しながら、月子と共に町に眠る不思議な物語に足を踏み入れることになる…。

~ブログにて毎日1ページ更新している『竹男と月子の月国郷愁』、こちらではまとめて掲載していきます!竹男と月子をどうぞこれからも応援よろしくお願いします!~

<登場人物>

茶野月竹男(さのつき たけお):高校教師で歴史研究部の顧問をしている。丸メガネとぴょんと跳ねた髪型が特徴。

萩野月子(はぎの つきこ):歴史研究部部長の高校1年生。ひそかに竹男に恋してる。

萩野結・清太郎(ゆい・せいたろう):月子の両親。

萩野満月(まんげつ):月子の祖父
24hポイント 0pt
一般漫画 4,226 位 / 4,226 件 一般女性向け 1,201 位 / 1,201件