実は私が聖女なんだけどあえて黙っておく事にした

公爵令嬢であるアンネ・リアーナは前世、聖女と呼ばれ、称えられていた存在であった。

人を襲う魔物から完全に守り抜く術は聖女のみが扱えるとされる「聖魔法」のみ。
だからこそ、王国は国を挙げて聖女の存在を探していたのだが————。


僕が愛を捧げるべき真の相手を見つけた。
などと言葉を吐き散らし、一方的に王太子との婚約を破棄された数日後に、何の因果か、アンネは聖女としての記憶を取り戻す。

そして彼女は決めた。
自身が聖女であるという事実は——黙っておこう、と。
24hポイント 795pt
小説 1,614 位 / 77,294件 恋愛 836 位 / 20,383件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

悪女の復讐に燃える前世巫女の悪役令嬢は王子の溺愛に気づかない

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:1718pt お気に入り:4069

貧乏で凡人な転生令嬢ですが、王宮で成り上がってみせます!

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:11093pt お気に入り:1036

婚約破棄をされた地味令嬢は、実は絶世の美少女でした 【改訂版】

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:106724pt お気に入り:11914

死ぬはずだった令嬢が乙女ゲームの舞台に突然参加するお話

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:9293pt お気に入り:5811

婚約者をないがしろにする人はいりません

恋愛 / 完結 24h.ポイント:3195pt お気に入り:2524

真の聖女である私は追放されました。だからこの国はもう終わりです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:52202pt お気に入り:5206