橋のたもとで

彫り師の吉次は女房のおえいの行方を案じていた。
彼女は永代橋崩落事故にまきこまれたらしい。
奉行所の下っ引きの仕事にもたずさわる吉次は、御用の筋で板橋宿にたちよる。
そこで記憶を失った女、おしのを知る。
おしのはおえいにそっくりだった。
24hポイント 0pt
小説 68,121 位 / 68,121件 歴史・時代 784 位 / 784件