Re do/リドゥ

『君の眼が欲しい……』意識を取り戻し、目覚めた場所は白いベッドの上だった。

医院と併設された妖しい屋敷で、大嫌いだった男に囚われた青年、日比野於菟(ひびのおと)は、大嫌いな男を『大嫌いだった理由』に気付いて行く…

先に投稿の『逢魔が時 人を喰らうは』※で救出された於菟が、高校時代の同級生で、形成外科医として著名な御都部 皓祀(みとべ こうじ)を訪ね、薬で眠らされ、左の眼球を奪われ屋敷へ囚われて居る間のお話。

高校時代から於菟に焦がれて居た皓祀は、屋敷に軟禁した於菟を寵愛する。
この屋敷へ患者として訪れ、住み着いて居た、一連の元凶のような、美しく扇情的な少年嵩祢(たかね)は、烈しい嫉妬を向け於菟を良くは思わなかった。
そんな奇妙な三人の共同生活で、於菟は皓祀への本当の想いを知る事となります。   

★BLオンリーの投稿サイトに置かせて頂いていた作品をこちらへ移動して参りました。こちらも『逢魔が時 人を喰らうは』同様、創作二人サークル・L’alliage作品とする為、一旦連載をストップさせ、挿絵を加え整えてからL’alliageページへ投稿とさせて頂くことにしました。中途半端で止めてごめんなさい^^;

※『逢魔が時 人を喰らうは』は一度削除しております。挿絵ユニットでの作品として整い次第、L’alliageページへ再度投稿させて下さい( ゚∀゚)人(゚∀゚ )


因みに『飢餓月』『腐食の闇』から繋がっているお話です。順番的には『腐食の闇』の次のお話。『腐食の闇』の『僕』はこちらの『於菟』です。
24hポイント 0pt
小説 127,967 位 / 127,967件 BL 14,105 位 / 14,105件