優しい魔法

魔法使いも万能じゃあない

ーー
「私が最後に見る君の姿は、せめて笑顔でいて欲しいな。それが私にとって……一番のお別れの贈り物よ」

僕は無理して笑った。
精一杯の作り笑顔。
不恰好の苦笑い。
けれど彼女は満たされたように笑った。

「うん、君はそれぐらいがちょうどいい」

それが彼女から僕への、最後の贈り物だった。
24hポイント 0pt
小説 65,965 位 / 65,965件 恋愛 16,982 位 / 16,982件