仮題『僕が閉じ込めた世界の空想と現実』

 第2回ホラー・ミステリー小説大賞 エントリー中。

 ――私たちは皆、空想の世界に憧れて生きているのね。

 主人公、有原は物語をこよなく愛する大学生で、自身の執筆した小説をインターネット上に投稿する活動を続けていた。
 そんなある日、幼馴染であり、共通の趣味を持つ華山雅が、何者かに殺害される。あまりにも信じ難い出来事に、有原は絶望を抱きながらも、必ず犯人を突き止めてみせると、事件を捜査していく。

 華山雅を殺したのは誰か。物語の真相は、混迷する空想と現実の中に。
24hポイント 0pt
小説 50,699 位 / 50,699件 ミステリー 1,385 位 / 1,385件