第二の幸せは婚約破棄と共に! 公爵家令嬢アンリエッタの受難!!

 蒼き狼の獣人たちは王国を築いていた。
 そのグリムガル王国のカールトン公爵家令嬢アンリエッタは、幼い頃、同盟国に移住する。
 それは、リオナール公国公子イブリースとの政略結婚のためだった。
 外見はまったく人間にしか見えない彼女は、蒼い髪と緑の瞳を持つ聡明な少女。
 世間では行き遅れと揶揄される十六歳の春。
 いきなり婚約者から、婚約破棄を告げる手紙が、届けられた。
 
「我が最愛の人、アンリエッタ。
 遠い戦場で俺はこの手紙を書いている。
 戦況はまあまあだ。しかし、戻れるのは数年先になるだろう。
 このままでは君に幸せを捧げることは難しいかもしれない。
 子供を産む時期が遅くなる。公国には不利な話だ。
 婚約の破棄を提案したい。
 俺は敵国の皇女ラーミアを娶ろうと思う。
 君より若い十二歳だ。どうか、新たな幸せを見つけて欲しい。
 すまない」
 
 この一通の手紙から、アンリエッタの人生は大きく動きだした。

 他の投稿サイトでも掲載しています。

 

24hポイント 78pt
小説 12,862 位 / 140,755件 恋愛 6,341 位 / 43,641件