「紫陽花とネックレス」のコンテンツを見ている人は他に…

会社がまさか、まさかの倒産。 失業中の自分探しの旅の道中。彼にとって、それは突然起こった。 大地を揺らす馬蹄の轟きと空を木霊する獣の雄叫び。 鉄の刃と鋼の心がぶつかり合い、血煙が舞い、首が飛ぶ。 時は血で血を洗う戦国乱世、場所は濃霧が立ち込める川中島の戦場。 そして、彼の前に現れた男は言った。 「お前に兄上の影武者になって貰いたい」 それは他に選択肢が無い彼に対する要請という名の強制だった。 彼は安全な現代社会から放り出され、狂気が渦巻く戦国の世の中で生きてゆく事を余儀無くされ、その覚束ない足元を震え立たせながらも過酷な時代を生きてゆく事を決意する。
24hポイント 599pt
小説 102 位 / 18,458件 歴史・時代 3 位 / 467件
現世(うつしよ)と隠世(かくりよ)の境目は曖昧だ。 ふとした瞬間に、あやかしが跋扈する隠世に迷い込んでしまうことがある。夏織は、そんな隠世に幼い頃に迷い込んでしまった稀人(まれびと)だ。 あやかしに育てられ、今は貸本屋を経営する養父の下で暮らしている。 そんな馨の下に、ある日ひとりの青年が迷い込んできた。彼は祓い屋で、在る目的があって隠世にやってきたらしい――。 これは、人間でありながらあやかしの心を持つ夏織と、力を失い、道を見失った青年が、本を通じてあやかしたちと出会い、別れ、心を通い合わせ、癒やされていく物語。
24hポイント 131pt
小説 366 位 / 18,458件 キャラ文芸 1 位 / 107件
帝国軍、勇者のパーティー、魔王軍、魔法学校、各々の所属していた居場所から訳ありで追放された男たちが偶然出会い、種族の壁を越えて意気投合。そのまま気軽にチームを組んでみたら、世界に轟く最恐ルーキーチームが出来てしまった。その日その日をどのように過ごすか面白おかしく話し合いながら、困難なクエストを楽々クリアしたり、名のある賞金首や怪物を気軽に討ち取っていると、噂を聞きつけたかつての仲間や女たちが涙ながらに謝罪し、自分を連れ戻そうとしてくる。そのたびに男たちは叫ぶ。 「今さら手のひらを返してんじゃねぇ!」 不遇な人生を過ごしたがゆえに、その日その日を自由に生きようとする男たちが、世界を揺るがす。
24hポイント 30,260pt
小説 1 位 / 18,458件 ファンタジー 1 位 / 6,807件