僕らは、セカイ系だから、

視界を真っ白に埋め尽くすほどの原稿用紙が降る。それはとある金髪の少女の手によるものだった。
透明な「何か」との戦争のため、街は外の世界との関係を遮断されていた。
閉鎖された街の中、四人の少年少女がその奇跡のような光景を見ていた。
そして彼らは少女との繋がりを元に再び集まる。
24hポイント 0pt
小説 32,269 位 / 32,269件 ライト文芸 1,028 位 / 1,028件