悪役令嬢と書いてラスボスと読む

「あら?私(わたくし)こんな顔だったかしら?」
「お嬢様?」

 ふとそう思った瞬間、頭の中に膨大な量の記憶が流れ込んできた。それはこの世界、「ディズボード」というゲームの世界の設定や攻略情報だった。
 私は、そのゲームの中では悪役令嬢(ラスボス)と言われるキャラで、完璧超人と言われる役回りだった。
 今はまだ七歳の私だけれども、そんなものにこれからなれるかと言われたら、前世ものぐさだった私がそんなものになれるわけがない。つまり、逃げるに限る。
 いまなら大本命の第二王子との婚約もしていないし、そもそも顔合わせの段階ですし、まだ間に合うはず。
 けれども、推しを攻略するためには第二王子の婚約者になってヒロインに蹴落としてもらう必要があるわけで……。
 ああ、もうどうすればいいのでしょう!

※誤字が多いです。ご指摘は随時真摯に受け止めます。
※小説家になろうでも掲載しています。
24hポイント 1,079pt
小説 930 位 / 58,613件 恋愛 413 位 / 14,097件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

前世で辛い思いをしたので、神様が謝罪に来ました

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:144827pt お気に入り:4582

異世界転移でのちに大陸最強の1人となった魔剣士 ~歌姫の剣と呼ばれし男~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:1675pt お気に入り:6277

異世界でDP稼いでたら女神って呼ばれちゃった

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:951pt お気に入り:2835

虐げられた黒髪令嬢は国を滅ぼすことに決めましたとさ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:745pt お気に入り:1011

ヒロインを虐めた瞬間に悪役令嬢だと思い出しました

恋愛 / 完結 24h.ポイント:284pt お気に入り:1048

真実の愛に生きたいのが自分だけと思うなよ

恋愛 / 完結 24h.ポイント:333pt お気に入り:2652

装備製作系チートで異世界を自由に生きていきます

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:58696pt お気に入り:25193

「君は運命の相手じゃない」と捨てられました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:98730pt お気に入り:7472