当て馬になる気はありません

 最近婚約者であるライト様に近づいている令嬢が居ます。
 子爵家の庶子として最近引き取られた彼女は、社交界のマナーにもうとく、学園でも浮いた存在だけれども、何を考えているのか第三王子であるライト様に近づいているのです。
 そしてその令嬢、スーリャ様はわたくしに対してこういうのです、「悪役令嬢としてせいぜいあたしの当て馬になってよね」、と。
 申し訳ありませんが、そのようなものになる気は微塵もございません。

※好評でしたら連載します
24hポイント 319pt
小説 3,950 位 / 121,890件 恋愛 1,813 位 / 34,290件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

勝手に勘違いして、婚約破棄したあなたが悪い

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:141382pt お気に入り:4748

鏡写しの花

恋愛 / 完結 24h.ポイント:120pt お気に入り:176

Imperium~それは目覚めさせてはいけない悪の華~

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:184pt お気に入り:126

月が導く異世界道中

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:101722pt お気に入り:40046

後悔させてやりますわ

恋愛 / 完結 24h.ポイント:56pt お気に入り:1905

残り一日で破滅フラグ全部へし折ります ざまぁRTA記録24Hr.

恋愛 / 完結 24h.ポイント:42pt お気に入り:2409