ANTIHERO-アンチ・ヒーロー-

 少年の家族は、ヒーローによって殺された。
 ゆえに少年は、ヒーローを憎んだ。
 憎んで憎んで憎んで、それでも悪には染まらなかった。
 少年の父はヒーローに憧れていた。
 でも、ヒーローにはなれなかった。
 だけど、心はヒーローだった。
 ヒーローマニアとからかわれ、それでもいつでもニコニコ笑っていた。
 そんな父を見て育った少年は、温厚で優しく育った。
 事件は、少年が4歳のころに起きた。
 少年がヒーローに見とれたとき。
 ヒーローが無残にも少年の両親を目の前で殺した。
 少年は、大富豪の家から親なしの子どもに変わった瞬間だった。
 その少年の名前はセロ。
 メロディを聴いたモノは、その能力に目覚める。
 セロもまた分解・融合・能力の変更が出来る螺子のメロディを聴いている。
 この物語は、セロと専属メイドのオトネのちょっと不思議な物語。

 ※以前に書いた【アンチ・ヒーロー】のリメイク作品です。
24hポイント 0pt
小説 63,830 位 / 63,830件 キャラ文芸 1,898 位 / 1,898件